このページの本文へ

解像度は1920×1920ドット

EIZO、縦スクロールを減らせる正方形ディスプレーを発表

2014年11月18日 15時00分更新

文● 西牧裕太/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 EIZOは11月18日、縦横比1:1の正方形ディスプレー「FlexScan EV2730Q」を発表した。発売は2015年1~3月ごろを予定しており、現時点で価格は決まっていない。

 FlexScan EV2730Qは26.5型で、解像度は1920×1920ドットのディスプレーだ。フルHD解像度(1920×1080ドット)よりも縦に約78%広く使えるので、縦長のウェブサイトを閲覧しやすいという。また、ウェブのコーディングやCAD図面の表示などで、広い範囲の情報を一度に閲覧できるので、作業効率の向上が期待できる。

北海道が一画面で表示でき、縦スクロールも少なくなる
実際にウェブのコーディング画面を表示したところ。下半分が作業画面で、上半分がプレビュー画面になっている
カラーはブラックとホワイト2色

 EIZOの企画部 販売促進課長である梶川 和之氏は「たとえばひとつのディスプレーで解像度が足りないと感じたとき、もうひとつディスプレーを横に置くスペースがない。では縦にしたらどうかと思い開発した」と開発の経緯を語る。

 パネルはIPS方式を採用し、入力系統はDVI-D 24ピン、DisplayPortを装備する。そのほか詳細な仕様はまだ決定していない。

背面にUSB 2.0のポートが2基フレームの幅は小さいように見える

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン