このページの本文へ

「モンスターハンター メゼポルタ開拓記」は11月27日正式サービス開始

橋本環奈vsキンタロー。! モンハンのブラウザーゲーム発表会

2014年11月13日 20時13分更新

文● 松野/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「モンスターハンター メゼポルタ開拓記」のリリース発表会に橋本環奈さんとキンタロー。さんが登場

 DMM.comとカプコンは11月13日、PCブラウザー用シミュレーションRPG「モンスターハンター メゼポルタ開拓記」のリリース発表会を開催した。11月27日に正式サービスを開始する。

「モンスターハンター メゼポルタ開拓記」は11月27日サービス開始!

PC用ブラウザーゲーム「モンスターハンター メゼポルタ開拓記」。11月27日にサービスを開始する

 モンスターハンター メゼポルタ開拓記は、DMM.comがプラットフォーム展開、カプコンがゲーム開発および運営を担当するPC用ブラウザーゲーム。累計ハンター数450万人を突破したオンラインゲーム「モンスターハンター フロンティアG」の世界観を引き継ぎ、プレイヤーはギルドマスターとなって未開の地を開拓していく。クエストを受注して訪れるフィールドにはシリーズおなじみのモンスターが出現。それらを狩猟するハンターも、200名以上の個性豊かなキャラクターたちが登場するという。

プレイヤーはギルドマスターとなって未開の地を開拓していく。訪れるフィールドに出現するおなじみのモンスターたちを、個性豊かなハンターを率いて討伐する
事前登録すればキリン装備の女ハンター「シェナ」がゲーム内で入手できる

 クローズドベータテストで寄せられた「クリック数が多い」「動作が重い」などの意見を反映し、高速オートバトルの実装、ロード時間の高速化が図られているほか、「武器がなかなか生産できない」など、レベルデザインの面でも多数のバランス調整を実施しているという。細かな点については、11月21日にフィードバックレポートを公式サイトで公開予定としている。

 今日13日より事前登録を開始しており、登録者は特典としてキリン装備の女ハンター「シェナ」を入手できるとのことだ。

キンタロー。が橋本環奈を討伐!?

ゲストに登場した、アイドルユニット「Rev. from DVL」の橋本環奈さん。天使すぎる

 発表会には「天使すぎるアイドル」こと橋本環奈さん、お笑い芸人のキンタロー。さんが登場した。アイドルマニアとしても知られるキンタロー。さんだが、今回は「アイドル界のモンスター」である橋本さんに「お笑い界のハンター」として挑戦。ゲームのタイトルに引っ掛けて「開拓」した新ネタで橋本さんを笑わせたら勝ち、というユニークな対決が行なわれた。

「モンスターハンターはまわりでも流行っていて、これを機会に私も始めてみたい」という橋本さん
皆が橋本さんの可愛さに見惚れる中、踊りながら登場したキンタロー。さん。「キンタロー。」までが芸名である

 橋本さんと対面したキンタロー。さんは、「うれしいです。会いたかったんです本当に。可愛いですね!」と驚いた様子。「目が本当に可愛いんですよ。私も環奈ちゃんの目をイメージしたカラコンを探しまくって、ドンキホーテで買ってきました」と気合の入った様子をアピールした。橋本さんは「キンタローさんのことすごく好きで。ネタもダンスもキレッキレで、すごくアグレッシブだと思います」とコメントした。

自分からわざわざ顔を近づけていくキンタロー。さん。「遺伝子のいたずらです」とは彼女の弁目がかわいい、と橋本さんを絶賛するキンタロー。さん

 気になる対決だが、一発ギャグを披露したキンタロー。さんに対し、橋本さんは笑いながら×の札を挙げるという半ばルール無視の判定。「キンタロー。さんならもっと面白いネタを見せてくれると思います」と2回目の挑戦を促した。これにやる気を出したキンタロー。さんは、橋本さんの所属するRev. from DVLの楽曲を使った一発ギャグを披露し、見事○の判定を勝ち取っていた。

キンタロー。さんのギャグで橋本さんを笑わせられるかどうかを競う、なんともユニークな対決が開催
「開拓」した新しい一発ギャグを披露するキンタロー。さんと、思いっきり笑いながら×の札を上げる橋本さん
橋本さんが所属するアイドルユニット「Rev. from DVL」の楽曲を使った一発ギャグを披露し、リベンジを果たした

 対決を終えた橋本さんは「ゲームが大好きな方ももちろんですが、私のような初心者の方でもすごく楽しめるゲームだと思います。私もこれをきっかけに始めてみようと思いますし、やったことがない方もぜひやってみてください」とゲームの魅力をアピール。キンタロー。さんは、「環奈ちゃんのおかげで新ネタを開拓することができました。最後に一つだけお願いがあります。私のことは嫌いでも、メゼポルタ開拓記のことは嫌いにならないで下さい!」とおなじみのモノマネで締めくくった。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ