このページの本文へ

「AtermWG1800HP2」 - NECプラットフォームズが11ac最上位ルーター後継機発表

2014年09月30日 18時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「AtermWG1800HP2 イーサネットコンバータセット」

 NECおよびNECプラットフォームズは、IEEE 802.11ac対応無線LANルーターの最新モデルとして、単体タイプの「AtermWG1800HP2」、2台セットモデルの「AtermWG1800HP2 イーサネットコンバータセット」を発表した。価格はオープンプライス。店頭予想価格は、AtermWG1800HP2が1万7000円前後(税別)、AtermWG1800HP2 イーサネットコンバータセットが3万3000円前後(税別)。発売は10月9日予定。

横置きや壁かけも可能

 AtermWG1800HP2は、2013年3月に発表された「AtermWG1800HP」の後継製品。11ac/n/a(5GHz帯/最大1300Mbps)+11n/b/g(2.4GHz帯/最大450Mbps)準拠、有線LAN(1000BASE-T)対応という高速な通信性能はそのままに、「Wi-Fi TVモード中継機能」「Wi-Fi高速中継機能」が強化された。

 Wi-Fi TVモード中継機能は、AtermWG1800HP2を中継機とすることで、親機・子機(のAtermWG1800HP2)とそれぞれ5GHz/650Mbps(規格値)で安定通信を行ない、離れた部屋でも快適な動画再生を楽しめるというもの。

 Wi-Fi高速中継機能では、親機と中継機(それぞれAtermWG1800HP2)が5GHz/1300Mbps(規格値)の通信、中継機と子機(11n/2×2内蔵のPC)が2.4GHz/300Mbps(規格値)の通信が可能となる。親機・中継機、中継機・子機をそれぞれ異なる周波数帯を使用することで速度半減を避け、快適な中継を行なえるようになる。

 また、『Atermらくらく「かざして」スタート』もサポートした。NFC機能搭載のスマートフォン・タブレットに『Atermらくらく「かざして」スタート』アプリ(Android用)をインストールして、AtermWG1800HP2添付の「Wi-Fi設定シート」のNFCタグ(Nマーク)にかざすと、自動で接続設定が実行される。

 このほか、「こども安心ネットタイマー」も強化されている。AtermWG1800HP2に接続する端末ごとに管理が可能で、標準的なスケジュール表のテンプレートをもとに児童のネット接続時間を手軽にコントロールできる。ブリッジモード、ルーターモードでも設定が利用できるなど、さまざまな回線環境の家庭で活用できるよう配慮されている点も特徴だ。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン