このページの本文へ

UQ、NECアクセステクニカ製WiMAX 2+ルーターをついに発表!

2014年06月12日 11時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 UQコミュニケーションズは、同社の「WiMAX 2+」サービス向けの新型モバイルルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11」(以下、NAD11)を発表した。6月20日に発売される。

Atermブランドではないが、待望と言えるNECアクセステクニカ製のWiMAX 2+ルーターが発表された。従来モデルの「HWD14」とは異なり、auの4G LTEには対応しない(WiMAXとWiMAX 2+のみ対応)カラーはホワイトとブラックの2色

 NAD11はNECアクセステクニカ製で、WiMAXとWiMAX 2+の両サービスに対応。現行モデルの「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」で利用できた、auの「4G LTE」ネットワークには対応していない。

 WiMAX 2+ネットワークに対応しながら、厚さ8.2mm、重量約81gと現行モバイルルーターの中でも非常にコンパクトなのが特徴的だ。ワイヤレス部もWiMAXハイパワーに加えて、無線LANは5GHz帯のIEEE802.11acに対応する。本体サイズは約109×65×8.2mm。連続通信時間はWiMAX利用時が約630分、WiMAX 2+利用時は約420分。

クレードルのセットモデルも用意されており、自宅の固定回線代わりの活用も可能だ。auスマホとの組み合わせで割引がある「auスマートバリュー mine」にも対応する

 スマートフォンとの連携も重視しており、休止状態からAndroid/iOS対応アプリからの操作で、約8秒で利用可能になる。このスマホから起動可能な休止状態での連続待受時間は約300時間である。さらに別売の専用クレードルにセットすると、自宅の固定回線の無線アクセスポイントとして、もしくはWiMAX回線を有線/無線LAN経由で自宅の複数機器で共有して利用することができる。

休止状態からスマホアプリの操作で復帰が可能

 料金プランは既存の「UQ Flatツープラス」が適用される。「UQ Flatツープラス」は、2年契約を前提に25ヵ月間は月3696円(税抜、3年目以降は月4196円)で、当初の25ヵ月はWiMAX 2+/WiMAXの2つのモードで通信できる「ハイスピードモード」でも通信量の制限はない。端末価格は「UQ Flatツープラス おトク割」適用時に2800円、クレードルセットは4800円。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン