このページの本文へ

x86サーバー市場において、世界第3位に

レノボ、10月1日にIBMのx86サーバー事業買収、レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ設立へ

2014年09月30日 14時31分更新

文● 花茂未来

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

レノボはIBMのx86サーバー事業買収手続きを10月1日に開始。新会社「レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ」設立

 レノボは9月29日、IBMのx86サーバー事業買収手続きを10月1日に開始すると発表した。この取引により、レノボは421億ドル規模のx86サーバー市場において、世界第3位となる。

 今回の買収でレノボが取得するのは、System X、BladeCenter、Flex Systemブレードサーバーおよびスイッチ、x86ベースのFlex統合システム、NeXtScaleおよびiDataPlexサーバーと関連ソフトウェア、ブレードのネットワーキングおよび保守業務。

 それ以外のSystem zメインフレーム、Power Systems、Storage Systems、POWERベースのFlexサーバー、PureApplicationおよびPureDataアプライアンスについては、IBMが保持する。

 また、新会社「レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ」を設立。日本においても10月1日より本格的に営業を開始する。オフィスは東京外神田のUDXに移転し、同日付で営業と技術担当の社員が日本IBMから移籍するとのこと。なお、x86サーバー製品の保守とメンテナンスについては従来通り日本IBMが担当していく。

カテゴリートップへ