このページの本文へ

業界人の《ことば》から第109回

人間の手首は2つだけ、顔にかけるメガネはひとつ、そこを押さえることができるか

Apple Watchが話題、一方ソニーはウェアラブルを不動産にたとえる

2014年09月17日 09時00分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ウェアラブル市場は何が受けるのかを模索する段階

 ソニーの平井一夫社長は、「調査によると、2014年のウェアラブル市場は、20億ドルの規模が見込まれ、さらに4年後には200億ドルにまで市場が拡大すると予測されている。ウェアラブル市場の可能性はかなり大きい。ソニーも、その市場に向けてビジネスを展開していく」と発言。ソニーにとっても、重要な事業領域になると位置づける。

平井社長はウェアラブル市場の可能性はかなり大きいととらえている。

 この分野には、Googleやサムスン、LG電子をはじめ、数多くの企業が参入している。ここにきて、アップルがApple Watchを発表。来年1月にも出荷を開始することで、市場はさらに盛り上がりそうだ。

 だが、平井社長は、「多くの企業がこの分野に参入しようとしているが、どの企業も、なにが顧客にヒットするのかが見えていないというのが実状。まだトライアル段階であり、これからが勝負。勝者が出てくるのはそのあと」とする。

 ソニーが2種類のリストバンド型デバイスを投入したのも、「この2つの製品は、機能が違い、大きさが違い、見え方が違い、そして、バッテリーライフが違う。まだ、なにが本当にヒットするのかがみえていないという状況のなかで、なにが受けるのかといったことを知る狙いがある」とする。

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ