このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Windows Info第29回

Windows 8.1の機能を管理するグループポリシーを使いこなす

2014年08月28日 12時00分更新

文● 塩田紳二

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グループポリシーは、Windows 8.1 ProやEnterprise版が持っている、Windowsの管理機能の1つだ。簡単にいうと、Windowsの機能に制限をかけたり、機能を禁止するなどの管理が可能で、おもに企業などの組織内でのクライアント管理に利用する。

グループポリシーエディタは、Windows 8.1 ProまたはEnterpriseエディションで利用可能

自分のマシンだけでなく
クライアントPCの管理がまとめて可能なグループポリシー

 クライアントマシンで自分自身の設定ができるほか、他のマシンの管理も可能で、Windows Serverを使ってアクティブディレクトリで運用(ドメイン運用)しているような場合に、接続されるクライアントすべてに、特定の設定や制限などを強制させることも可能だ。

 もともと、この機能は「システムポリシー」と呼ばれていた。この頃の機能は、純粋にレジストリを設定するだけのものだったが、グループポリシーでは、サードパーティや利用者がポリシーを拡張することが可能になり、一定の仕様を満たすDLLなどを提供することで、グループポリシーの仕組みを使って、クライアントを一斉に設定することなどが可能になる。

 Windows 8.x(およびXP以降のWindows)では、グループポリシーエディタと呼ばれる、冒頭にも画像を貼ったプログラム(実際には、マイクロソフト管理コンソールとグループポリシー用のMSCファイル)を使って設定する。なお、前述のようにWindows 8.1では、Pro以上のエディションでのみ実行可能で、「Windows 8.1」(以下Windows 8.1無印と表記する)やWindows RT 8.1には、グループポリシーエディタは含まれていない。

 一般にクライアントマシンでは、グループポリシーエディタのアイコンは登録されていないため、「ファイル名を指定して実行」を使って「gpedit.msc」を起動する。拡張子mscのファイルは、マイクロソフト管理コンソール(mmc.exe)に関連づけされたファイルで、この中に「スナップイン」と呼ばれる情報が記録されている。

グループポリシーエディタを起動するには、画面左下のホームボタンを右クリック(またはWin+Xキー)して「ファイル名を指定して実行」を選び、gpedit.mscと入力する

 スナップインは、mmcで実行される設定項目などの情報をまとめたもので、mmcは、この情報に従って、ウィンドウ内のデータを構成し、設定などを実行する。ただし、実際の設定処理は、mscファイル中で指定されたコンポーネントを呼び出して行なう。mscファイルは、mmcのツリー構造などを表示させるコンポーネントなどを指定しているだけだ。

 なお、mscファイルの中身は、xmlによるコンポーネントや表示などの定義であり、テキストエディタなどで表示させることが可能だ。ファイルが100KB以上あるが、これは、後半にビットマップデータがテキストとして格納されているからだ。

gpedit.mscは、グループポリシーエディタを定義するXMLファイル。これをマイクロソフト管理コンソール(MMC.EXE)が読み込んで動作する

 グループポリシーエディタの設定項目は大きく、「コンピュータの構成」と「ユーザーの構成」に別れている。前者は、ハードウェアなどのシステム関連の設定と、すべてのユーザーに対する設定が含まれる。後者は、特定のユーザーに関する設定だ。なお、いくつかの設定項目は両方に存在しており、1つの設定をシステム全体、ユーザー個別にすることも可能だ。

グループポリシーエディタ、ウィンドウ左側のツリーは、このような構成になっている

 コンピュータの構成とユーザーの構成の中は、さらに「ソフトウェアの設定」「Windowsの設定」「管理用テンプレート」の3つにわかれており、ほとんどの設定項目は、「管理用テンプレート」の中に含まれている。

 管理用テンプレートも中にさらにフォルダがあり、対象に応じて対象構造が作られている。このため、目的となる設定項目を知らないと、探すのはたいへんだ。設定対象が明確であれば、例えば「管理用テンプレート」→「Windowsコンポーネント」→「エクスプローラー」というように項目があるフォルダを探すことは可能だ。また、「エクスプローラーの検索ボックスで最近検索したエントリの表示を無効にする」などと、設定する項目の名称が明確な場合には、管理用テンプレートの直下にある「すべての設定」を開き、「設定」を名前順に並べ替えることで、探すことができる。

 キーワードしか手がかりがない場合には、「すべての設定」とフィルター機能を使う方法がある。フィルター機能は、指定された条件を満たす設定項目のみを表示させる機能で「管理用テンプレート」以下のフォルダを選択している場合のみ有効な機能だ。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン