このページの本文へ

リアルな街がゲームの舞台に! 秋葉原は無償公開に

ゼンリン、都市モデル3Dデータをゲーム開発に提供

2014年08月27日 17時09分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

3D都市モデルデータのイメージ

 ゼンリンは8月27日、国内主要都市の街並みを再現したリアルな3D都市モデルデータを作成、9月2日よりゲーム開発企業向けに提供するほか、秋葉原駅周辺を無償公開する。

 同社はこれまでゲーム開発企業向けに地図データを提供してきた経緯があるが、あらためて地図とエンターテイメントの融合を確認。同社がカーナビゲーション向けに独自フォーマットで整備してきた3D地図データを汎用性の高いフォーマットに変換、ゲーム関連企業やシミュレーション関連企業に提供する。

 なお、ゲーム開発プラットフォームUnityが提供するオンラインストア「Unityアセットストア」にて、秋葉原の街を再現した3D都市モデルデータ「Japanese Otaku City」(秋葉原駅を中心とした約625×625mのエリア、FBX形式)を近日中に無償公開する予定。

Unity向け3D都市モデルデータ「Japanese Otaku City」紹介動画

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン