このページの本文へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第95回

Xpeira A2、URBANO、STREAM Sのカメラはどれが高性能?

2014年08月18日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Xperia A2は上位機種と同じ機能が揃っている

 ここからはカメラの機能紹介。Xperia Z2Xperia ZL2を本連載でも紹介しており、それらとほぼ同様のXperia A2に目新しい機能はないが、マニュアルモードを選んだときの豊富なシーンセレクション、ARエフェクト、クリエイティブエフェクトによる加工と、コンパクトスマホとは思えない、充実の設定/撮影モードが魅力的だ。4K動画の撮影こそ非対応なのだが不足はない。

フラグシップ機同様の多数のシーン設定や撮影モードがある

エフェクト類についても同様だ

URBANOには超解像撮影とエフェクト

 URBANOには「くっきり超解像」モードがあり、ズームでより細かく精細に撮影したいときに便利。たとえば人形の撮影なら、より毛の一本一本が目立ち、ハッキリする。

 28種類のエフェクトでは、万華鏡、マンガ、ポップアート、ソラライズといった加工が可能だ。動画撮影では「スローモーション」で撮ることが可能。4分の1倍速で再生される。スポーツシーンを撮ってみると面白そうだ。「通常」撮影の設定でシーンを選ぶことができ、「赤ちゃん」「ペット」があるので、家族を撮りたいシニア層を意識しているのかもしれない。

くっきり超解像はズームをしても、ソフトウェアでくっきりした写真が撮れる機能

エフェクトは非常に数が多い

STREAM Sは「スタンプ」が面白い!

 STREAM Sには周囲の環境に応じて画質を向上させるスマートモードのほか、ノーマル、ビューティーモード、スタンプなどがある。この「スタンプ」という機能は、画像内にスタンプを自由に配置して撮影できる。一部のスタンプは文字情報を変更してオリジナルスタンプにすることも可能だ。オブジェクトトラッキングで、被写体を追尾しながらフォーカスし続ける。

 インカメラで使う機能として、鏡面反射設定もあり、有効にすれば左右逆の写真を撮ることが可能だ。

ひととおりの撮影モードやエフェクトなどが搭載されている

オリジナルのスタンプを作成して、写真に貼ることが可能

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン