このページの本文へ

アスキー・ジャンク部リターンズ 第61回

NYで行列が絶えない名物屋台料理をバーガーにしたそうです

またまた謎バーガー「ニューヨークチキンオーバーサンド」

2014年07月18日 18時27分更新

文● アスキー・ジャンク部リターンズ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ニューヨークへ行きたいかー! と某クイズ番組の物真似をするアスキー・ジャンク部のコジマだが、若い人には通じるのだろうか

行列が絶えない(らしい)名物屋台料理を
フレッシュネスがアレンジした

 マグロを使ったハンバーガーなど(関連記事)、最近野心的なフレッシュネスがまたまた新しいバーガーを考案。その名も「ニューヨークチキンオーバーサンド」である。7月14日から販売されており、価格は421円。

 「ニューヨークチキンオーバー……って何?」と思ったのだが、リリースによればニューヨークの行列ができる屋台料理「チキンオーバーライス」をイメージしたものだという。サフランライスに炒めたチキンやラム、レタスなどのヤサイを乗せて、ホワイトソースやスパイスをかけた料理だそうだ。

 ニューヨークチキンオーバーサンドの主役も、グリルしてからスパイスに漬け込んだチキン。グリーンカール(レタスの一種)、トマト、ワカモレ(アボカドやライム果汁を使ったサルサソース)、ガーリックヨーグルトソースとともに、ごまバンズにサンドしたとのこと。

フレッシュネスバーガー×EXILE TRIBEのコラボレーションプロジェクトの一環でもある

見た目はなかなかおいしそう。写真では伝わらないが、香りもスパイシーだ

 とまあ、どこまでチキンオーバーライスを再現しているかどうかはよくわからないが、なかなか他に類を見なさそうなバーガーであることは確かなようだ。

 今回は、チキンオーバーライスを食べたこともなければ、ニューヨークに行ったこともないという、グローバル社会での先行きが実に不安なアスキー・ジャンク部のコジマが試食することに。

「あー、ニューヨークの味がしますね(適当)」と大雑把な感想を残す。とはいえ、試食自体は真剣なのだ、こんな見た目でも

 食べてみると、スパイシーなチキンと、ワカモレ、ガーリックヨーグルトソースの相性が実にいい。酸味と甘味が混ざり合った独特のテイストは、インドカレー、あるいはエスニック料理などが好きな人にもアピールする味ではないだろうか。肉と野菜の歯ごたえと、ワカモレのなめらかな舌触りが混ざり合った食感もナイス。

 チキンを主体にしたバーガーや、スパイシーな刺激をウリにするバーガーは数あれど、このニューヨークチキンオーバーサンドのような雰囲気をもったものはなかなか貴重だろう。単なるキワモノではなく、食べる価値のある一品だと感じた。

ごちそうさまでした

 というわけで、今日のジャンク部はフレッシュネスバーガーのニューヨークチキンオーバーサンドでした。ごちそうさまでした。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ