このページの本文へ

家庭用ゲーム機やパソコンの映像を録画・編集・変換・配信可能

ラトック、HD映像を録画・配信できるキャプチャーボックスを発表

2014年07月04日 17時56分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

REX-HDGCBOX1

 ラトックシステムは7月3日、家庭用ゲーム機やパソコンからのHDMI/コンポーネントビデオ映像を録画・編集・変換・配信できるキャプチャーボックス「REX-HDGCBOX1」を発表、7月下旬より出荷開始する。

 入力はHDMIまたはコンポーネントビデオ信号入力、解像度は最高1080p、フレームレート60fps(1080pでは30fps)、H.264圧縮で保存。SDカード(SDHC Class10推奨)保存またはUSB接続されたパソコンに転送する。遅延のないパススルー方式のHDMI出力も持ち、ゲームなどの実況も可能。

主な使い方

 キャプチャーソフト、ビデオ編集ソフト、エンコーダーソフトなどが付属する。本体サイズは約幅130x奥行き80x高さ30mm、重量は約155g。価格は2万2680円。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン