このページの本文へ

左右回転や設定の連動が可能、VESAマウントにも対応する

狭額1mm! マルチモニター機能を強化した24型ディスプレー

2014年09月09日 15時00分更新

文● 松野/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
24.1型ディスプレー「FlexScan EV2455」。ベゼル部約1mmの超狭額設計で、マルチモニター機能を強化している

 EIZOは9月9日、フレームレスデザインを採用した24.1型ディスプレー「FlexScan EV2455」と23.8型ディスプレー「FlexScan EV2450」を発表した。9月19日から販売する。価格はオープンプライス。EIZOダイレクトでの直販価格はFlexScan EV2455が6万2640円、FlexScan EV2450が4万1040円。

 画面解像度はFlexScan EV2455がWUXGA(1920×1200ドット)、FlexScan EV2450がフルHD(1920×1080ドット)。水平178度/垂直178度と広視野角のノングレアIPS液晶パネルを使用している。モニターベゼル部は幅約1mmの狭額設計で、液晶の非表示エリアを加えても6.2mm(EV2450は5.3mm)。本体の薄型化やスタンドの小型化、静電スイッチ採用による段差や溝を排除したフラットなデザインで、情報視認性や映像への没入感の向上を図っているという。

ベゼル部と非表示エリアはあわせて約6.2mm。左右回転に対応するため、ベゼルの狭い部分同士をあわせたマルチモニター環境の構築が可能だ

 「FUSION DESIGN」をコンセプトに、マルチモニター系機能を強化している。以前は右回転のみに対応していたが、左右90度の画面回転が可能となり、ベゼルの狭い部分同士を合わせて視線移動の途切れにくい運用ができるという。加えて180度の回転設置を行った場合も、内部の熱が故障の原因にならないような設計をうたう。マルチモニター時の制御機能として、専用ソフトウェア「ScreenManager Pro」により、一つのディスプレーで変更した設定の全画面反映、人感センサーのオン/オフ連動などが可能だ。なお、VESAマウントにも対応する。

凹凸のない静電スイッチを採用する

 ユーザーの目の負担を軽減するエルゴノミクス面の機能も充実している。高周波PWM方式+DC方式のハイブリッド調光「EyeCare」とLED明滅の周期ずらしにより、画面のちらつきを肉眼ではほぼ完全に抑制する「ちらつきカット」機能を搭載するほか、最適な画面輝度へ調整する自動調光機能、ブルーライト70%カット機能なども備える。

専用ソフトにより、ひとつの画面で設定を変更すれば他の画面にも反映される。その間約1~2秒程度

 D-Sub15ピン、DisplayPort、HDMI、DVI-D24ピンの4系統入力が可能。ほかにUSB 3.0端子×2、USB-B端子×1を搭載する。1.0Wスピーカー2基を本体下部に内蔵し、ヘッドフォン端子×1も備える。

 カラーはブラック、セレーングレイのほか、「FlexScan EV2455」のみEIZOダイレクト限定でホワイトモデルを販売する。

「FlexScan EV2455」ホワイトモデルも直販サイト限定で販売。特に海外での要望が強いのだというこちらは23.8型の「FlexScan EV2450」。画面解像度はフルHD(1920×1080ドット)となる

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン