• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

PS Vitaに新色&お買い得版、PSPは国内販売を終焉

2014年06月03日 15時55分更新

文● ASCII.jp編集部

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)は、「PlayStation Vita」(PS Vita)に新色を追加。それとともに、「プレイステーション・ポータブル」(PSP)の国内向け出荷を6月に完了すると発表した。

PS Vitaの新色とメモリーカードなどがセットになったパッケージが登場

 まず、PS Vitaの新色は、「ブルー/ブラック」「レッド/ブラック」の2色(ともにWi-Fiモデル)。この2色には、基本プレイ無料のゲームなどをプリインストールした「メモリーカード 8GB」に加え、「保護フィルム」「ポーチ」をセットにした、「PlayStation Vita Super Value Pack」が数量限定で用意される。価格は通常モデルと同じ、1万8980円(税抜)。発売日は7月10日。

「ブルー/ブラック」

「レッド/ブラック」

 PlayStation Vita Super Value Packは、3G/Wi-Fiモデル(クリスタル・ブラック)にも用意される。こちらの価格は1万9980円で、発売日は7月24日

 一方、PSPの国内出荷完了は、同社によると「発売から約10年を経て、その役目を後継機であるPS Vitaに引継ぐ」ことによるもの。PSPは2004年12月12日に発売。当日は秋葉原や新宿などで、数千人規模の行列も発生した(関連記事)。「モンスターハンター ポータブル」など、ハードの機能を活かした数多くのヒット作も誕生している。

PSP発売日の模様


この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう