このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

Handpressoと組み合わせて、外でも美味しいエスプレッソが飲める?

コーヒーのために6時間で77度保温の「山専ボトル」を買う

2014年05月14日 17時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

山専ながら、軽いために平地でも不便さなし

 届いた箱には黄色バックで「山専用」と書かれていました。山専ボトルのスペシャルな性能は、山に登る方々のニーズから生まれたものでしょう。ですが標高の低い平坦地で使う際のリスク表示や、法令上の罰則などは特に取説にありませんでしたので、山に登る皆様をリスペクトしつつ、私は平地でこそこそ使わせていただきたいと思います。

 やはり手にした印象は軽いこと。保温性能を確保するため開口部はかなり絞られており、中栓も細長い二重構造のスクリューになっています。山専だからと言って特に使いにくさも感じられず、普段の水分補給用としてぜいたくに使って行きたいくらいです。

キャップはコップ兼用タイプ。最初はちょっとプラスチック臭いですが、2度3度熱湯を入れるうちに匂いは取れました

中栓はスクリュー式で、緩めて注いでもいいし、栓を外して注いでもオーケー。軽い力で確実に締まります

ボトルの中身も熱放射を反射させるため、ほかより綺麗に鏡面加工されているようにも見えますが、気のせいかもしれません

この中栓、実は二重構造。ひとつ目の栓は開口面積を抑えながら、取り外せば中を楽に洗える。よく工夫されています

底面のシリコンキャップも取り外し可能。製造国はマレーシアです

 もちろん気になるのは実際の保温能力です。6時間後77度以上という公式発表値ですが、私が自転車で走るのは、長くて1日6時間。大抵は4時間、往復50kmちょっとで帰ってきてしまいます。だから気になるのは休憩タイムとなる折り返し地点の、2時間、3時間後のお湯の温度はどれくらいなのか。

 そしてさらに気になるのが、そのときの温度で抽出したエスプレッソの味はどうなのか? 飲めるのか、飲めたものじゃないのか。

 次回は山専ボトルの保温性能と同時に、エスプレッソの温度と味の関係を、実際に測って調べたいと思います。


■Amazon.co.jpで購入


著者紹介――四本 淑三(よつもと としみ)

 1963年生れ。フリーライター、武蔵野美術大学デザイン情報学科特別講師。インターネットやデジタル・テクノロジーと音楽の関係をフォロー。趣味は自転車とウクレレ。

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン