このページの本文へ

コンパクトなPCではじめるPCハイレゾオーディオ 第3回

ソニー「SRS-X9」やコルグ「DS-DAC-100」でDSDを再生する方法

2014年04月10日 12時00分更新

文● 外村克也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニーのスピーカーやミニコンポを
USBスピーカーとして使う

Windows PCとソニー「SRS-X9」の組み合わせ。コンパクトなSRS-X9はUSBスピーカーとして机上に置いてもいいし、ワイヤレススピーカーとしてPCと離して置いてもかまわない

Windows PCとソニー「SRS-X9」の組み合わせ。コンパクトなSRS-X9はUSBスピーカーとして机上に置いてもいいし、ワイヤレススピーカーとしてPCと離して置いてもかまわない

 次いで、ソニーのワイヤレススピーカー「SRS-X9」とミニコンポ「MAP-S1」を使ってみる。どちらもUSB DAC機能を備えているので、まずはSRS-X9を例にしてUSBスピーカーとしての使い方を紹介しよう。

 Windows PCの場合、「Sony Audio Driver」をソニーのサポートサイトからダウンロードし、インストールしておく。Macの場合はドライバーインストールは不要だ。

「Sony Audio Driver」と「Hi-Res Audio Player」をダウンロードしてインストールする

「Sony Audio Driver」と「Hi-Res Audio Player」をダウンロードしてインストールする

「Hi-Res Audio Player」のメイン画面

「Hi-Res Audio Player」のメイン画面

環境設定の画面でDSDをネイティブ再生するか、PCM変換で再生するかを選べる

環境設定の画面でDSDをネイティブ再生するか、PCM変換で再生するかを選べる

DSD音源を再生。画面右上に何のファイルを再生しているかが表示される

DSD音源を再生。画面右上に何のファイルを再生しているかが表示される

 Sony Audio Driverさえインストールされていれば、あとはカンタン。SRS-X9をPCとUSB接続し、入力モードを「USB」とすればいい。

 MAP-S1もほぼ同様の手順でUSB DACとして使用できる。DSD音源を再生したい場合は「Hi-Res Audio Player」(Mac版はこちら)をダウンロードしてインストールしておくといいだろう。

Windows PCとソニー「MAP-S1」の組み合わせ。ディスプレーをどこに置くかが問題だが……

Windows PCとソニー「MAP-S1」の組み合わせ。ディスプレーをどこに置くかが問題だが……

ここでは統合音楽管理ソフト「Media Go」を使用してみた

ここでは統合音楽管理ソフト「Media Go」を使用してみた

事前にSony Audio Driverをインストールしておけば、USB接続することでUSB DACとして使用できる

事前にSony Audio Driverをインストールしておけば、USB接続することでUSB DACとして使用できる

背面のUSB端子にPCを接続

背面のUSB端子にPCを接続

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画