このページの本文へ

オーブントースターと扇風機も発表

ハイアール、三洋電機から引き継いだ「AQUA」ブランドでロボット掃除機に参入

2014年03月26日 20時49分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ロボット掃除機「AQC-RB100C」
中川善之社長

 ハイアールアクアセールスは3月26日、三洋電機から引き継いだ「AQUA」ブランドから、扇風機、オーブントースター、ロボットクリーナーの新製品を発表した。「Life in Precious.」をブランドメッセージとして、使い心地にこだわった家電を追求してきたという。

 同社の中川善之社長は、「家電ブランドとしてはまだ新興。従来の冷蔵庫、洗濯機などの製品に加えて、新たにリビング家電に参入してラインナップを拡充し、AQUAブランドの浸透を目指す」と話した。

三洋電機の掃除機から受け継いだ「ティッシュでブロック」機能を搭載

 ロボット掃除機「AQC-RB100C」は通常モードで50dBという低騒音化設計が特徴。10個のセンサーで障害物を完治し、家具や壁にぶつかりにくいという。リチウムイオンバッテリーの残量が減ると自動で充電ドックに戻る。

 空気清浄機にも使用されているHEPAフィルターを採用。三洋電機の掃除機に搭載されていた「ティッシュでブロック」機能を搭載し、ダストカップにティッシュペーパーをセットすることでメインフィルターへのゴミの付着を抑えられるという。ゴミ捨て時にはティッシュに包んで捨てられる上、ゴミの飛び散りも少ないという。

 運転時間や最長約90分で、充電時間は約6時間。価格は6万円前後で、7月下旬発売予定。

より広い部屋向けのハイポジションタイプ「AQS-H30C」「AQS-L30C」

 扇風機「AQS-H30C」「AQS-L30C」は、2Wの電力で風邪を生み出すDCモーターを搭載し、風量を6段階に調整できる。操作部はタッチパネルを採用したフラットなデザイン。羽根は柔らかく割れにくい素材を使用している。電源を入れてから10時間後に自動で電源が切れるオートオフ機能と、4段階のタイマー(1/2/4/6時間)機能を搭載する。

羽根は柔らかい素材を使用し、手でも曲げられる。タッチパネルは操作時に文字が光る。

 ハイポジションタイプのAQS-H30Cは、左右の首振りに加えて上下の動きも可能で、サーキュレーターとして使用できる。最高113cmまで高さを調節できるので、リビングなどの広い空間に適している。

 サイズ/重量は、AQS-H30Cが約幅360×奥行き350×高さ905~1130mm/約4.4kg。AQS-L30Cが約幅360×奥行き350×高さ675~840mm/約3.2kg。価格はオープンで、予想実売価格はAQS-H30Cが2万円前後、AQS-L30Cが1万6000円前後で、いずれも4月上旬発売予定。

縦型で2段式の「AQT-WT2」横型の「AQT-WA1」

 オーブントースターは、縦型の「AQT-WT2」と横型の「AQT-WA1」をラインアップ。いずれも前面にミラー調のガラスを採用し、調理中に庫内が見えるようになっている。庫内サイズは約幅194×奥行き190×上段高さ66・下段高さ67mm。

2品を同時に調理できる20cmのピザも入るサイズ

 AQT-WT2は2段式で、一度に2品加熱できる。1000/700/400/300度の4段階の火力調節が可能だ。AQT-WA1は前面扉がフラットに開き、焼き網がせり出す設計で、庫内奥側の食材も取り出しやすいという。庫内は約幅312×奥行き222×高さ80mmで、20cmのピザでも切らずに焼けるという。

 サイズ/重量は、AQT-WT2が約幅225×奥行き245×高さ325mm/約3.2kg。AQT-WT1は約幅370×奥行き280×高さ220mm/約3.7kg。価格はオープンで、予想実売価格はAQT-WT2が7000円前後、AQT-WT1が6000円前後。AQT-WT2は4月下旬、AQT-WT1が5月下旬発売予定。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン