このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

アスキー・ジャンク部リターンズ第37回

西麻布に期間限定オープンした「レストラン モンプチ」のレポートです

フレンチの巨匠が手がけた「モンプチ」を試食!? ジャンク部最大の試練?

2014年02月20日 19時21分更新

文● アスキー・“ニャ”ンク部リターンズ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
猫の気持ちになれるという「レストラン モンプチ」。えっ、何を食べたのかって? それはもちろん……

「レストラン モンプチ」というから
モンプチを食べさせられるのかと思って……

 「モンプチって知ってますか?」「知ってますよ、キャットフードのブランドでしょ」「それなら話が早い。モンプチのレストランがあるらしいんですけど、試食会に行きませんか?」「ファッ!?」

 こんな会話が展開されたのが、ASCII.jp編集部でひっそり活動しているアスキー・ジャンク部だ。しかし、いくらジャンクなものが好きな面々とはいえ、キャットフードの試食は、さすがに、ちょっと……。

 と思っていたら、ここでネタばらし。モンプチのコンセプトからインスピレーションを受けて考案した料理を食べつつ、猫の気持ちを体験できるレストラン、「レストラン モンプチ」のメニュー試食会なのだそうだ。これにはさすがに筆者も苦笑い。

 とはいえ、キャットフードらしい料理というのは気になる。おまけにその中身は、フランス料理の巨匠フィリップ・バットン氏によるオリジナルコースメニューというではないか。というわけで、さっそく向かってみたのであった。

オシャレな外観である。結構奥まったところにあるので、ちょっと迷った

 レストランの場所は港区西麻布。駅からちょっと歩くうえに、通り沿いにあるわけでもない。いわゆる隠れ家的な場所、とでもいうのだろうか。ともあれ、我々はジャンク部。さっそく、当日試食できた料理のメニューを紹介していこう。

これがレストラン モンプチの「オーナー様用メニュー」だ!
前菜。「七面鳥のテリーヌ仕立て」、「2種の魚介のクリーミースープ〜あさりとホタテのハーモニー〜」、「まぐろのかつおぶし添え〜タルタル仕立て〜」、「チキンとターキー味の贅沢ブレンド 味わいチーズ粒〜カリカリ2色ビスケット添え〜」、「ささみのとろみスープ仕立て」
メイン、お肉。「ビーフのグリル デミグラスソース風仕上げ〜ズッキーニとにんじんを添えて〜」
メイン、お魚。「白身魚のグリル イタリアンソース風仕立て〜にんじんとトマトを添えて〜」。ちなみにメインは肉か魚かを選択するのだが、試食では両方食べられた。ラッキーである
デザート。「クリスピーキッス風焼き菓子」と「『モンプチ特製』クレームキャラメル」

 写真で一気に紹介してしまったが、どれも本格的なフレンチの味を堪能できるものになっている。小学生並みの感想になってしまうが、とてもおいしかった。とはいえ、モンプチからインスピレーションを受けているというだけあって、ささみをスープ状にしたり、ビーフのグリルを細かく一口サイズにしてあったりと、言われてみると確かにキャットフードの雰囲気があるのだ。

 そうはいっても、「うーん、キャットフードを食べているみたい……」という暗い気持ちにならないのは、フレンチの巨匠がなせる熟練の技なのだろう。それと同時に、「うーん、モンプチを食べている猫って、こんな贅沢な気分を味わっているのかな」という妙な感想も抱いてしまった。

 もちろん、レストラン モンプチは猫用のメニューも提供する。さすがに、「猫用メニューの試食ってあるんですか?」と聞く勇気は筆者にはなかったので、会場で配られたメニュー表で勘弁していただきたい。

こちらは「ネコちゃん用メニュー」。オーナー用のメニューは、これらからインスピレーションを受けて作られたものだということがはっきりわかるだろう

 ちなみに、試食会ではミネラルウォーターが振る舞われたが、一般客にはソフトドリンクとシャンパーニュを用意しているとのこと。また、猫の気持ちに近づくべく、来客者は脳波をキャッチしてネコ耳が動く「necomimi」を付けたまま食事するそうだ(関連記事)。

こちらはメニューを監修した、フィリップ・バットン氏。1986年に初来日、現在は九段下と虎ノ門に店舗をかまえる「ル・プティ・トノー」のオーナーシェフ。フィリップさんも猫を飼っていたときはモンプチをあげていたそうだ。ちなみに、モンプチを「モンプティ」と発音していたのが印象的だった
本来は予約定員制の着席形式でメニューをいただくのだが、試食会は報道陣が多いので立食形式となった猫の気持ちになるために、バトラーはもちろん、来店者も「necomimi」を装着する。記者たちもその例外ではないので、なんだかすごい絵面に

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ