このページの本文へ

PoEの給電能力向上やアップリンクの10Gbps対応

ハンドリーム、ウイルス拡散を遮断するスイッチの新版

2014年02月06日 14時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 韓国ハンドリームネットの日本法人であるハンドリームネットは、ウイルスの拡散を防止するセキュリティアプライアンス「SubGate」の最新版「SG2100シリーズ」を2月5日より販売開始した。

ウイルスの拡散を防止するスイッチ「SG2100シリーズ」

 SubGateは、ウイルスの感染活動に特徴的な通信のふるまいを瞬時に検知するアプライアンスに、L2スイッチの機能を搭載。クライアントに最も近いLANスイッチで疑わしいクライアントを自動的に遮断する。これにより、LAN内のウイルス拡散や感染したクライアント経由での情報漏えいを防ぐことができるという。

SubGate管理ツール「Visual Node Manager」の画面

 最新のSG2100シリーズは、PoE(Power over Ethernet)の1ポートあたりの給電能力が、従来の15.4Wから30Wに向上。また、アップリングポートのスピードが従来の1Gbpsから10Gbpsに向上している。ポート数やPoE対応の有無により、全部で6モデル提供される。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ