このページの本文へ

ワーム拡散やDDoSを止められるSGシリーズを国内で本格展開

攻撃を遮断するL2スイッチにネットワールドが惚れた!

2010年09月16日 10時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

9月16日、ネットワールドは韓国のハンドリームネットのセキュリティスイッチ「SGシリーズ」の国内総販売代理店になったことを発表した。ネットワールド代表取締役社長の森田晶一氏をして、「こんないい製品だと思っていなかった」と言わしめた新世代L2スイッチの魅力とは?

有害トラフィックを遮断するスイッチにできること

 ハンドリームネットのSGシリーズは、独自開発したASICにより、LAN内の有害トラフィックを検知・遮断する機能を持つユニークなスイッチだ。MDS(Multi Dimension Security)エンジンという特許技術でトラフィック分布やパケット情報を分析することで、ワームの繁殖やDDoS攻撃、盗聴などを阻止することが可能。もちろん、遮断するのは有害トラフィックだけなので、正常な通信はそのまま継続できる。さらに、エッジスイッチに多いループを防止する機能も搭載している。

有害トラフィックを遮断するハンドリームネットの「SGシリーズ」

 従来、こうしたLANの有害トラフィックを検出するにはIDS・IPSを導入する必要があった。しかし、IPSはインライン型で利用するため台数を配置する必要があるほか、シグネチャのアップデートなどの作業が発生していた。また、ワーム拡散やDDoSの遮断は可能だが、盗聴防止は難しかった。これに対しSGシリーズは、発生源の近くで有害トラフィックを止めることが可能で、L2スイッチなので既存のネットワークに透過的に導入できるというメリットがある。パターンファイルやシグネチャの更新といった手間もなく、有害トラフィックの発生源はGUIの管理ツールである「Visual Node Manager」を使って、容易に特定できる。

Visual Node Managerを使って有害トラフィックの発生源を特定できる

 こうしたセキュリティスイッチはいままでなかった訳ではないが、ASICベースのSGシリーズは価格が低廉という特徴がある。また、セキュリティエンジンがスイッチングエンジンと独立して動作するため、フルワイヤスピードが実現されているのも大きなメリットだ。

 開発元のハンドリームネットのある韓国では、2007年に発売開始して以来、シェアが急成長しており、すでにL2スイッチ市場の30%を占めるまでに至っているという。この理由の1つは、サムスン電子やLG-エリクソンといった世界的な大手企業にOEM供給しているからだ。国内でも「大手通信事業者が、毎月50台単位でPoEモデルを導入しています。ここではシスコやHP ProCurveと比較し、コストやセキュリティ面で高い評価を得ました」(ハンドリームネット取締役副社長 日本支社長 琴正在氏)といった事例があるほか、大学や研究所でも導入事例があるという。

ネットワールドが全社を挙げてアピール

 さて、ここまで読んで「どこかで聞いたことがある!」と思った人はかなり「情報システム」を読み込んでくれている読者だ。実は、このSGシリーズは日商エレクトロニクスをはじめ4つの代理店を経由して、販売されていた製品である。今回、ネットワールドと国内総代理店の契約を締結したことは、日本国内での販売戦略の大きな転換になるわけだ。

ハンドリームネット取締役副社長 日本支社長 琴正在氏、ネットワールド代表取締役社長の森田晶一氏

 「せっかくの素晴らしい製品なのに、いままで製品の魅力をお客様に伝え切れていませんでした。多くのSIerさんに情報が行っておらず、このままだと埋もれてしまうと思いました」。ネットワールドの森田社長は、今までのSGシリーズの販売体制についてこう反省する。「しかし、今回独占的な国内総代理店契約を結んだということで、全社を挙げて製品をアピールしていきます」(森田氏)と、鼻息も荒い。森田氏によると、OEM供給を受けているサムスン電子やLG-エリクソンからも「自信を持って勧められる」とお墨付きを得たとのこと。一方、ハンドリームネットも海外で初の法人を日本に設立しており、ネットワールドと二人三脚で販売やサポートに力を入れる。

ネットワールドの社内でも、すでにSGシリーズが使われている

 現在、SGシリーズは100Mbps×24ポート、1Gbps×2ポートの「SG2024」(28万4000円)、1Gbps×24ポートの「SG2024G」(48万円)、1Gbps×48ポートの「SG2048G」(66万5000円)、そしてPoE対応の「SG2024PoE」(39万8000円)の4モデルが出荷開始となっている(価格はすべて参考定価で、税別)。新モデルとして、L3スイッチが近々提供されるほか、国内で需要の多い8ポート版も来年の初頭には提供されるという。

 昨今、クライアント環境は大きな変化を見せており、PCのみならずスマートフォンやシンクライアント、仮想化端末、IP電話機などが混在するほか、脆弱なレガシーOSを搭載したPCも残っている。こうした環境のなか、端末だけによらず、SGシリーズのようなスイッチレベルでLANを安全にしていくアプローチは、きわめて自然な形といえる。今後ネットワールドでは、700社あるリセラーをフル活用し、こうしたセキュアなLANを容易に実現するSGシリーズの魅力をアピールしていくという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ