このページの本文へ

東京エレクトロン デバイスが販売代理店契約

プライベートクラウド構築を容易にする「Piston OpenStack」上陸

2014年01月22日 14時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東京エレクトロン デバイスは、米Piston Cloud Computingと国内初の販売代理店契約を締結し、同社のプライベートクラウド向けOpenStackソフトウェア製品「Piston OpenStack」の国内販売を2014年1月22日より開始する。

 Piston OpenStackは、仮想化されたコンピューティング環境、ストレージ、ネットワーク環境を統合運用・管理するために作られたOpenStackをベースに、プライベートクラウド環境を容易に構築できるソリューション。集中するノード群のプロビジョニング、管理、スケールアウトを提供 し、ベアメタルから仮想インフラ環境を10分で構築する「Cloudboot」や、クラウドサービスの高可用性を提供する「MoxieHA」、仮想マシンのクローン技術による高速な仮想マシンの起動とマイグレーション環境を提供する「Virtual Memory Streaming」などが提供される。これにより、仮想環境インフラのプロビジョニングが容易になり、システム管理者の管理工数を大幅に減らすことが可能になるという。

 参考販売価格はオープンプライス。オプションで平日日中時間帯のオンサイトサポートをオプションで提供する。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ