このページの本文へ

16年の実績を持つセキュリティの知見をベースに調査・研究

アズジェント、調査研究機関「セキュリティ・プラス ラボ」開設

2014年01月17日 14時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 セキュリティおよび運用管理ソリューションを提供するアズジェントは、日々多様化かつ深刻化するサイバー攻撃への対策強化を目的に、「セキュリティ・プラス ラボ」を開設する。長年に培ってきたノウハウをベースに「セキュリティ」を切り口とした調査、研究と情報発信、人材育成を行なう。

セキュリティ・プラス ラボの概要(プレスリリースより抜粋)

 セキュリティ・プラス ラボでは、世界中で横行が懸念される脅威の実態やその攻撃手法、それらの脅威からクラウド環境やモバイルデバイスを含めた情報資源を守るための対策技術の研究を行なう。また、国内外の有識者や組織と積極的に連携し、技術だけでは守れない「ソーシャルエンジニアリング」のような領域まで踏み込んだ広義での「セキュリティ」に関する調査、研究も担うという。

 調査や研究の成果は、講演活動、レポート、トレーニング等を通じて市場に発信。また、自社が提供するセキュリティサービス(セキュリティ・プラス)に還元し、最高水準のセキュリティサービスの提供を目指す。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ