前へ 1 2 3 次へ

第3回 WindowsやPS4でSSD速度検証!

TLCチップの本領発揮!

mSATAで1TBを達成したSamsung 840 EVO mSATAの実力は?

文●橋本 新義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

人気の840 EVOに
mSATA版が登場

Samsung SSD 840 EVO mSATA

 「Samsung SSD 840 EVO」(以下、840 EVO)といえば、ビット単価に優れるTLC(Triple Level Cell)チップを搭載しながら、TLCでは不利となる書き込み速度の低下を大きく補う「TurboWtite」機能などにより、SATA 6Gbpsの性能限界に迫る速度を両立し、手頃な価格と高い性能を両立した大ヒットSSDだ。

 ちなみにTLCとは、1個のメモリーセルに3ビットの情報が記録可能な、高密度な記録方式を採用したフラッシュメモリーのこと。一般的なMLC(Multi Level Cell:メモリーセルあたり2ビットの情報が記録可能なタイプ)に比べ、理論上では1チップあたりの最大容量が2倍にでき、ビット単価は半分にできる。

 しかし1セルあたりの構造が複雑になるため、チップレベルでの書き換え回数(耐久性)や書き込み速度はMLCに劣る。こうしたメモリーチップレベルでの不利をコントローラーチップやファームウェアなどで補いつつ、コストの安さを最大限に活かせるSSDに仕立て上げたのが840 EVOだ。

 その840 EVOに新しく、モバイルPCや小型PCで採用されるmSATA(別名「mSSD」)版が加わることになった。ただし発売が2014年1月と若干先で、現時点では(840 EVO最大の魅力とも言える)価格が未定なのが残念なところ。

編集部が入手した840 EVO mSATA 250GB版。フラッシュメモリーチップはなんと2個しか搭載されていない

 しかしmSATA版のSSDは、インテルの「NUC」やGIGABYTEの「BRIX」といった超小型PCキット、そしてUltrabookなどのモバイルPCで採用例が急速に増えていることもあり、自作派にも近い存在となりつつある。

 今回は、編集部が入手した840 EVOの250GB版を元に、mSATA版の実力とその魅力について紹介したい。

性能は2013年トップレベル
弱点の少なさも継承

 さて、気になる性能はどうだろうか。端的にまとめると、「発売済みの2.5インチ版と変わらず、また2013年末のSSDとして十二分に戦闘力が高い」ということになる。

 まず、速度や基本仕様といった公式スペックは、ラインナップから750GB版が消失した点を除いて、2.5インチ版とほぼ変わらない。

 ほぼというのは、転送速度が2.5インチ版登場時に比べてファームウェアの改良により高速化され、またセキュリティー関連機能として「TCG/Opal」と呼ばれる高度な暗号化機能が増えたため。

 この「TCG/Opal」では、OS起動前でもICカードや生体認証の使用を可能としたり、パーティションごとに使用ユーザーを制限できる。

 ただし、これは2.5インチ版でも最新ファームウェアにより同等となるので、最新ファーム同士で比べると差はない。つまり、840 EVOの利点である高速性能はこちらでもキープされているわけだ。

Samsung SSD 840 EVO mSATAシリーズ 主要スペック
容量 120GB 250GB 500GB 1TB
コントローラー Samsung MEX
NANDチップ
(製造プロセス/インターフェース/セル構造)
10nmクラス/Samsung Toggle DDR 2.0(400Mbps)/TLC
キャッシュメモリー LPDDR2 256MB LPDDR2 512MB LPDDR2 1GB
シーケンシャルリード 530MB/秒 540MB/秒
シーケンシャルライト 520MB/秒
ランダムリード(4K QD32) 9万5000 IOPS 9万7000 IOPS
ランダムライト(4K QD32) 3万7000 IOPS 7万1000 IOPS 8万8000 IOPS
ランダムリード(4K QD1) 1万 IOPS
ランダムライト(4K QD1) 3万7000 IOPS 4万 IOPS
その他機能 TCG/Opal、AES 256bit暗号化、ガーベッジコレクション、TRIM、S.M.A.R.T.など
MTBF(平均故障間隔) 150万時間
外形寸法/重量 29.85(W)×50.8(D)×3.85(H)mm/8.5g
製品保証 3年間
前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
2020年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
07月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
12月
2017年
06月
08月
09月
10月
2016年
02月
06月
09月
10月
11月
12月
2015年
11月
2014年
07月
12月
2013年
07月
12月
2012年
10月