このページの本文へ

Aqua Computer「kryographics Hawaii for Radeon R9 290X and 290 ni」、「kryographics Hawaii for Radeon R9 290X and 290」。

ハワイの地図とヤシの木が描かれた「R9 290/290X」用水冷ヘッド

2013年12月06日 23時27分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Aqua Computerから、AMDの新型GPU「Radeon R9 290/290X」を搭載したビデオカードに対応する水冷ヘッドが登場、オリオスペックで販売中だ。

AMDの新型GPU「Radeon R9 290/290X」を搭載したビデオカードに対応する水冷ヘッド「kryographics Hawaii for Radeon R9 290X and 290 ni」

 発売されたのはニッケルメッキ処理が施された上位モデル「kryographics Hawaii for Radeon R9 290X and 290 ni」と銅ベースままの「kryographics Hawaii for Radeon R9 290X and 290」。いずれもリファレンスデザイン準拠の「Radeon R9 290/290X」搭載ビデオカードに換装可能な製品で、GPUコアのみならず、RAMやVRAMすべてを冷却するフルカバータイプとなる。

“Hawaii”の文字や、ハワイ諸島の刻印

 なおユニークな点として、「Radeon R9 290/290X」のコアネーム“Hawaii”の文字や、ハワイ諸島の刻印、さらにはヤシの木がデザインされているギミックも確認できた。
 価格はニッケルメッキ版が1万6800円、銅ベース版が1万4800円だ。

銅ベースままの「kryographics Hawaii for Radeon R9 290X and 290」。ヤシの木の左にハワイ諸島の地図が刻印されている

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中