このページの本文へ

FWスループットで現行機の3倍、フルDPIスループットで2倍のパフォーマンス

デル、中堅中小向け次世代FW「SonicWALL NSA2600」発売

2013年11月29日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デルは11月28日、中堅中小企業向けの次世代ファイアウォール「Dell SonicWALL NSA2600」の販売を開始した。1GbE(ギガビットEthernet)ポートを8つ備え、同クラスの現行機(NSA2400)と比較して、ファイアウォール(FW)スループットで3倍、フルDPIスループットで2倍のパフォーマンスを発揮する。

Dell SonicWALL NSA2600

 NSA2600は、中小企業、支店、教育機関をターゲットとして市場投入された製品。侵入防御からアンチマルウェア、Webアクセスコントロールなどの機能を備えている。1Uサイズの筐体で、CPUコア数は4つ。8つの1GbEポートに加え、独立したマネジメントポート(1GbE)を備える。

 SonicWALL NSAシリーズの上位機種と同じアーキテクチャを採用しており、高効率のセキュリティ性能を提供する。スペックはFWスループットが1.9Gbps、IPSスループットが700Mbps、アンチウイルススループットが400Mbps、フルDPI時のスループットが300Mbpsとなっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ