このページの本文へ

ボーズが移動式シアターを披露! GMTの小野寺ちゃんも登場 

2013年10月29日 18時45分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Bose ADVENTURE」
「Bose ADVENTURE」

 ボーズが期間限定の移動型エキシビジョンシアター「Bose ADVENTURE」のお披露目を行なった。

流線型の側面は開閉式する。観客はここから出入りする
中には同社のホームシアターシステムとノイズキャンセリングヘッドフォンを完備

 流線型のキャンピングトレーラーに同社の大画面テレビと音響設備を搭載。11月から12月にかけて、東京近郊や大阪などでスペシャルコンテンツの上映を行なう。(詳細な日時や場所などはこちらを参照)。

スペシャルコンテンツはボーズのノイズキャンセル技術をアピールする内容
スペシャルコンテンツはボーズのノイズキャンセル技術をアピールする内容。ボーズ博士の映像も
映像の途中でノイキャンイヤフォンを外す/付けるのサインが出る。イヤフォンからは音楽が流れているが、外すと周囲の騒音(スペースシャトルの轟音など)が大きくて驚く

 スペシャルコンテンツは、同社が6月に発表した「QuietComfort 20」などのノイズキャンセリング技術を体験できる内容。高性能なノイズキャンセル技術をエンターテインメント的な演出でアピールする。

表参道ヒルズ店とイオンモール幕張新都心店を開設
「SoundLink Mini」や「QuietComfort 15」ではUSBメモリー付きの特別パッケージを用意。また、9000円以上購入した人には右の「BE@BRICK Bose」を数量限定でプレゼントする 「SoundLink Mini」や「QuietComfort 15」ではUSBメモリー付きの特別パッケージを用意。また、9000円以上購入した人には右の「BE@BRICK Bose」を数量限定でプレゼントする

 また、同社の直営店2ヵ所の開設も併せて発表。場所は東京・表参道(表参道ヒルズ店)と千葉県・幕張(イオンモール幕張新都心店)で、これにより国内の直営店は23店舗となる。どちらも「プレミアム・ルーム」と呼ばれる試聴室を初めて導入。シアターサウンドを体験できる。

 さらに、幕張の店舗には「専用シアタールーム」も完備。一部店舗でしか上映していないミュージック・シアターショーが楽しめる。

5色の限定モデルを用意。上記の2店舗でしか販売されない
5色の限定モデルを用意。上記の2店舗でしか販売されない
ハウジングが青一色の「Abyss Blue」 秋らしい色味の「CranBerry」
ハウジングが青一色の「Abyss Blue」秋らしい色味の「CranBerry」

 上記の2店舗では、オーバーイヤー型ノイズキャンセルヘッドフォン「QuietComfort 15」の限定カラーモデルを販売する。カラーは5色(Abyss Blue、Fossil、Cranberry、Graphite、Carbon Black)で、各色20台のみ。表参道ヒルズ店では11月29日から、イオンモール幕張新都心店では12月20日から販売される。価格は4万2000円だ。

限定カラーモデルを装着する優希美青さん 優希美青さんと同社代表取締役社長の挽野 元氏
限定カラーモデルを装着する優希美青さん優希美青さんと同社代表取締役社長の挽野 元氏

 会場には「あまちゃん」で小野寺薫子役を演じた女優の優希美青さんが登場。限定カラーモデルの印象について「全部試してみたい」と関心を示した。

 また、同社のヘッドフォンについて「主旋律以外の音楽が聞こえてびっくりした」と感想を語った。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン