このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ほかの高級カナル型ヘッドホンに比べ選ぶポイントはどこか

3万円は高い? BOSE初のインイヤー型NCヘッドホンを試す

2013年08月17日 14時00分更新

文● 四本淑三 撮影●篠原孝志

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本体のほか、S/M/Lサイズのイヤーチップ、充電用USBケーブル、キャリングポーチが付属。 QuietComfort20とQuietComfort20iの違いは、マイク付きリモコンのボタンの数。前者が1ボタン、後者が3ボタン

 BOSEのノイズキャンセリングヘッドホン「QuietComfort(クワイアットコンフォート)」シリーズに、初のインイヤー型となる「BOSE QuietComfort 20(以降、QC20)」が登場。ノイズキャンセリングヘッドホンの世界では、向かうところ敵なしのBOSE製品である。その完成度や推して知るべし。

 しかし価格は税込で3万1500円。インイヤー型のヘッドホンとしては、決して安くはない。それどころか、同社同シリーズのアラウンドイヤー型「QuietComfort 15(税込3万1500円)」と同価格、オンイヤー型「QuietComfort 3(税込3万6750円)」より少し安いという設定なのだ。ちょっと高くないか?

 でも同じタイプのソニーのノイズキャンセリングヘッドホン「XBA-NC85D」の実売価格も3万円台。そして高級カナル型ヘッドホンの世界を見渡してみれば、3万円という価格は決して高くはない。そうしたライバルたちより優れたものがあれば、それが選ぶ理由となり得るのではないか。

※ 発売は8月26日の予定。iPhoneやiPadなどApple専用モデルとして「QuietComfort20i」、その他の汎用モデルとして「 QuietComfort20」が用意される。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画