このページの本文へ

AVerMedia「キオクのひきだし」

PCレスでアナログ→デジタル化するビデオキャプチャーユニット

2013年10月16日 22時52分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PCレスでアナログデータをキャプチャーできるビデオキャプチャーユニット「キオクのひきだし」(型番:AVT-C293)がAVerMediaから登場、TSUKUMO eX.で販売中だ。

PCレスでアナログデータをキャプチャーできるビデオキャプチャーユニット「キオクのひきだし」

 この製品は、VHSやベータ、miniDVなどのアナログデータをデジタル化できるキャプチャーユニット。本体には2.5インチSerial ATA対応ドライブと外付けUSB接続HDDの2種類が接続でき、PCレスで手軽に動画キャプチャーを行なえる。
 デジタル変換データは、標準的なMP4形式で保存されるため、PCでの再生や編集も可能。またリモコン操作で、録画データの画像キャプチャーにも対応するため、画像データとして保存することもできる。

キャプチャーまでの流れ。操作は簡単でVHSやベータ、miniDVなどのアナログデータをデジタル化できる

 入力インターフェースはコンポジットとS端子の2系統で、出力インターフェースはHDMIとD端子(D4/D5対応)をサポート。サイズは190(W)×152.5(D)×33.5(H)mmで、重量は425g。製品にはビデオ/音声入力ケーブル、HDMIケーブル、ACアダプタ、リモコン、電池、取扱説明書、クイックガイドが同梱される。
 価格は2万2980円だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中