このページの本文へ

SDHCカードへ直接録画が可能

PCレスで録画もできるHDMIキャプチャー「AVT-C875」

2013年08月27日 16時28分更新

文● 柴谷理沙/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ビデオキャプチャーユニット「AVT-C875」。予想実売価格は2万円台前半

 アスクは8月27日、AVerMedia TECHNOLOGIES製のポータブルビデオキャプチャーユニット「AVT-C875」を発表した。

 HDMI、コンポーネント入力に対応したビデオキャプチャーユニットで、最高1080ドット/30fpsのHD映像が録画できる。HDMIパススルー出力に対応し、「PC録画モード」では低遅延でゲームをプレイしながらプレイ映像の録画・ライブ配信ができる。また、「単体録画モード」も搭載し、PCを介さずにSDHCカード(Class 10推奨)への直接録画が可能だ。

 PC接続時には付属の専用キャプチャーソフト「RECentra」を使用し、ニコニコ動画、Ustream、Twitch TVなどへのライブ配信が手軽に行える。

 本体寸法は約幅131×奥行70×高さ22mm、重量は約117g。電源はUSBバスパワーを使用する。PC接続時の対応OSはWindows 7/8。価格はオープンで、予想実売価格は2万円台前半を見込んでいる。8月下旬の発売を予定する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン