このページの本文へ

AVerMedia「AVT-C875」

PCレスで録画もできるポータブルHDMIキャプチャーユニット

2013年09月04日 22時43分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 持ち運びも可能なポータブルタイプのビデオキャプチャーユニット「AVT-C875」がAVerMediaから発売中だ。

AVerMediaから発売中のポータブルタイプのビデオキャプチャーデバイス「AVT-C875」

 本体サイズが131(W)×70(D)×22(H)mm、重量が約117gと、ポケットサイズなのが特徴の製品。豊富な付属ケーブルを使用して家庭用ゲーム機やPCなどあらゆるハードと接続、録画やライブ配信などに幅広く活用できる。

 本体にはHDMI、AV IN端子(コンポーネント変換可能)、音声入出力端子を搭載。パススルー機能でHD録画時でも遅延ほぼゼロでゲームプレイが可能だ。また録画方式は、USBキャプチャーとして機能する「PC録画モード」と、PCレスでの「単体録画モード」に対応。USB接続でも超低遅延の録画とゲームプレイが可能なほか、パススルー対応のHDMI端子を使用する「単体録画モード」では表示遅延ゼロでの出力が可能だ。

豊富な付属ケーブルを使用して家庭用ゲーム機やPCなどあらゆるハードと接続、録画やライブ配信などに幅広く活用できる

 なお、最高入力解像度は1080p(60fps)、最高録画解像度は1080p(30fps)をサポート。同梱される専用キャプチャーソフト「RECentral」を使えば、直感的インターフェースによる手軽な録画・配信が可能だ。各種動画配信サービスに対応し、アカウント登録を済ませておけばすぐにライブ配信もできる。
 入力端子はHDMI×1、コンポーネント×1、3.5mmステレオミニプラグ×1、出力端子はHDMI×1、3.5mmステレオミニプラグ×1。ストレージはSDHCカード(Class10推奨)に対応する。録画形式はTS(H.264/AAC)、MP4(H.264/AAC)。電源はACアダプター不要のUSBバスパワー駆動。

録画方式は、USBキャプチャとして機能する「PC録画モード」とPCレスでの「単体録画モード」に対応する

 付属品はHDMIケーブル、AV IN to コンポーネント変換ケーブル、PlayStation 3用ケーブル、3.5mmオーディオケーブル、ミニUSBケーブル、取扱説明書、ポータブルバッグ。
 価格は2万2980円。パソコンショップアークやツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中