このページの本文へ

AVerMedia「CV710」

USB 3.0と1080p/60fpsに対応するキャプチャーユニット

2014年03月12日 23時28分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1080p/60fpsの非圧縮動画キャプチャーに対応するUSB 3.0キャプチャーユニット「CV710」がAVerMediaから発売された。

AVerMediaから発売された1080p/60fpsの非圧縮動画キャプチャーに対応するUSB 3.0キャプチャーユニット「CV710」

 この製品は、リアルさを追求したFPSゲームやアクションゲームの録画に最適化され、PCの画面で遅延を気にせずにゲームプレイと録画が可能という。またカメラ機器のHDMIスルー出力に接続すれば、撮影した動画を素材の美しさのまま編集することができる。

映像入力端子は、HDMIとAV IN(コンポーネント変換対応)。付属品にUSB 3.0ケーブル、AV INコンポーネントケーブル、PlayStation3専用ケーブルが同梱される

 映像入力端子は、HDMIとAV IN(コンポーネント変換対応)を備え、電源はUSBバスパワー駆動。動画キャプチャー・編集は専用ソフト「RECentral」にて行ない、同梱のプラグインを使えば、「Sony Vegas」や「Adobe Premiere Pro CS6」など、サードパーティ製ノンリニア編集ソフトもサポートする。付属品はUSB 3.0ケーブル、AV INコンポーネントケーブル、PlayStation3専用ケーブル。なお、接続はUSB 3.0専用で、USB 2.0には非対応となる。
 価格は2万1980円。ツクモパソコン本店やTSUKUMO eX.で販売中だ。

同梱のプラグインを使えば、「Sony Vegas」や「Adobe Premiere Pro CS6」など、サードパーティ製ノンリニア編集ソフトもサポートする

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中