このページの本文へ

Princeton「デジ造映像版HD」

4系統入力に対応するUSBビデオキャプチャーが登場

2013年05月22日 23時41分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 さまざまな映像機器の入力に対応するUSBビデオキャプチャーユニット「デジ造映像版HD」(型番:PCA-HDAV)がプリンストンテクノロジーから発売された。

プリンストンテクノロジーから発売された、さまざまな映像機器の入力に対応するUSBビデオキャプチャーユニット「デジ造映像版HD」

 HDMI、コンポーネント、Sビデオ、コンポジット4系統の映像入力インターフェースを備えたUSBビデオキャプチャーユニットの新モデル。VHSや8mmビデオのようなアナログ機器から、最新のAVCHD対応ビデオカメラまで、様々な映像機器から動画をキャプチャーできる。
 入力解像度はHDMIが480p/720p/1080i、コンポーネントが480i/480p/720p/1080i、出力フォーマットはMPEG-TSで、出力フレーム数は30fps/60fps。

VHSや8mmビデオのようなアナログ機器から、最新のAVCHD対応ビデオカメラまで、様々な映像機器から動画をキャプチャーできる

 付属の編集ソフト「PowerDirector 10 DE版」やキャプチャソフト「FullPlayROCK」、エンコードソフト「MediaEspresso 6.5」を利用することで本格的な映像編集や出力デバイスに合わせたエンコードを行うことができる。電源はUSBバスパワー駆動で、サイズは139(W)×84(D)×28(H)mm、重量約142g。
 価格は1万6800円。テクノハウス東映とパソコンハウス東映で販売中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中