このページの本文へ

東京ゲームショウ2013レポート第1回

PS4は今年度中に500万台を目指す、TGS内の基調講演で発表

2013年09月19日 21時59分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは、19日から千葉県・幕張メッセにて開催されている「東京ゲームショウ2013」内で実施された基調講演において、次世代ゲーム機「PlayStation 4」について今年度中に全世界で500万台の出荷台数を目指すと発表した。

 500万台という出荷目標は、グループCEOであるアンドリュー・ハウス氏が語ったもの。また、先日開催された「SCEJA Press Conference 2013」にて発表されたばかりである「PlayStation Vita TV」にも触れ、ターゲット層はプレイステーションのファンやファミリー層といったカジュアルユーザーに対する需要を狙っていると明かした。PlayStation 3用ゲームソフトに対しては、PlayStation 4上でストリーミング配信といったクラウド対応するとともに、PlayStation Vita TVでも対応していく予定という。

PlayStation 4の今年度出荷台数目標は500万台と明かすアンドリュー・ハウス氏
PS3用ゲームは、PS4やPlayStation Vita TVでストリーミング配信で提供する予定

PS4とのスマホ連携を世界初お披露目

 また、「PlayStation App」と「PlayStation Vita TV リモートプレイ」に関してそのプレイ模様が、同社ワールドワイド・スタジオ プレジデントの吉田修平氏により紹介された。

Xperia Z1を利用してデモンストレーションを披露する吉田修平氏

 PlayStation Appは、PlayStation 4とAndroid/iOSを搭載した端末と機器連携を可能にするもの。壇上では、発売前の最新スマートフォン「Xperia Z1」を利用して、フレンドが何のゲームをプレイしているかを確認したり、スマートフォンをセカンドディスプレーとして活用しているデモンストレーションを披露した。

フレンドのアクティビティーを確認したり、スマートフォンをセカンドディスプレーとして活用することもできるPlayStation App

 PlayStation Vita TV リモートプレイのデモでは、PS4用ゲーム「KNACK」を、PlayStation Vita TV上でプレイする模様を披露。KNACKをプレイ中にポーズをかけ、「PS4リンク」を起動し、使用用途を選択するだけで、すぐにゲームの続きをプレイできるようになっていた。

リモートプレイのデモは「KNACK」を使用して行なわれた
まず、PS4で遊んでいるゲームにポーズをかけるPlayStation Vita TV上で「PS4リンク」を選択する
使用用途を選択すれば後は自動でPS4と接続できる
PS4と接続後は、ポーズをかけていた状態からゲームを再開できる

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ