このページの本文へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第56回

3000mAhオーバーのバッテリー自慢スマホのバッテリー比較

2013年09月17日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Googleマップを
30分間表示し続けると?

 ここからは様々なテストを行った。まずは外出先でGoogleマップを起動、30分間現在地検索をし続けた。筆者は屋外で30分間移動し続けたためLTEや3Gなどネットワークの切り替えや電波の強弱もある。道に迷っているイメージでのテストだ。

  ARROWS NX AQUOS PHONE SERIE AQUOS PHONE Xx
Googleマップ30分 8% 5% 8%

 これはバッテリーの消費量を掲載している(満充電からテストを始めるのが難しいため)。ここで勝ったのがAQUOS PHONE SERIE。唯一5%減で済んでいる。他の2機種は8%減だ。

カメラで100枚撮影しても
意外と減らない

 次のテストはカメラで100枚撮影を行った。同じ被写体に向けてひたすらシャッターを切るだけ(連写ではない)。

  ARROWS NX AQUOS PHONE SERIE AQUOS PHONE Xx
写真撮影100枚 0% 1% 1%

 これはほとんど影響が無いようだ。ARROWS NXが0%で消費していない。他の2機種も1%。設定をいじらずに単に撮影するだけなら100枚とはいえ、短時間で撮影ができる。電池消費も少ないようだ。

Kindleでコミックを
1冊読んでみると?

 今度のテストはKindleアプリをインストールし、コミックを1冊読む。まったく同じコミックでは2、3回目のテストで読み飛ばしそうなので、同じシリーズの続巻を読んでいくことにした。1冊あたりいずれも400ページほどだ。

  ARROWS NX AQUOS PHONE SERIE AQUOS PHONE Xx
電子コミック1冊読了 3% 3% 3%

 これは3機種とも3%減で互角。大体1冊読み終えるのに20分ほどで、これくらいだと差が出にくいのかもしれない。小説を長く読む場合などはまた違う結果になりそうだ。

動画撮影10分では
3~4%減とちょっと消費が大きい

 続いては動画の撮影。スマホのカメラでは何十分も撮影するケースは少ないだろう。とはいえ数分では差が出にくいと思われたので10分とした。

  ARROWS NX AQUOS PHONE SERIE AQUOS PHONE Xx
動画撮影10分 4% 3% 3%

 これはAQUOS PHONEの2機種が3%減。ただしARROWS NXも4%減とほとんど差が無い。もっとも静止画100枚を撮影したのと比べ、動画が電池を消費するのは確かだ。

テスト開始から5時間後
大きく差がつく

 最後にテスト開始から5時間後の電池消費量を見た。今回のテストはYouTube2時間テストを始めてから、動画撮影のテストまで、ほぼ同じ操作、テストをしている。持ち歩いている時間も、待受状態や消灯していた時間もほとんど同じだ。

  ARROWS NX AQUOS PHONE SERIE AQUOS PHONE Xx
テスト開始
5時間後残量
48% 60% 60%

 これは結構な差がついた。AQUOS PHONEの2機種は5時間後にも60%の電池残量だが、ARROWS NXは48%の残量。その差12%だ。ARROWS NXはテスト全体で40%消費したが、待受時などにも12%ほど消費した計算だ。

 AQUOS PHONE SERIEはテスト全体で36%減、待受時は4%減で済んでいる。AQUOS PHONE Xxはテスト全体で35%減、待受時は5%減だ。AQUOS PHONE SERIEが、YouTubeテストでの差を縮めている。AQUOS PHONEの2機種は、画面消灯時や操作をしていない待受時の電池消費もうまく抑えているようだ。

 これでスタミナテストは終了。これまで紹介できなかった独自機能、便利な小技を最後に確認しよう。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン