このページの本文へ

サッカー、ビヨンセ、あけおめ、バルス……

ツイッターの瞬間つぶやき数(TPS)の記録更新を振り返ってみた

2013年08月06日 18時44分更新

文● 菅谷/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
2013年8月2日の天空の城ラピュタ放映でツイッターの瞬間つぶやき数は過去最高を記録

 8月2日、日本テレビ「天空の城ラピュタ」(以下、ラピュタ)放映において、ラピュタ崩壊の呪文「バルス」を発する瞬間と合わせてツイッターでつぶやくという現象が発生した。このバルス祭りは14万3199TPS(Tweets Per Second、一秒あたりのつぶやき数)という過去最高が記録された。この数値は前回記録の「あけおめ」に4倍以上の差をつける大記録であるが、あけおめの前は何だったのだろう、さらにその前は? とTPSの過去の記録が気になる人もいるのではないだろうか。そんな人のために、過去のTPS記録の変遷を振り返ってみたい。


2010年6月25日、サッカー男子ワールドカップ、日本がデンマークに勝利(3283TPS)

 現最高記録の14万3199TPSとの数値の大きな違いに驚くが、これが当時の最高記録である。なおこの時期は6月14日同ワールドカップの日本対カメルーン戦における2940TPS、3日後の6月17日アメリカでのNBA決勝戦レイカーズ対セルティックス戦の3085TPSと次々と最高記録が塗り替えられる群雄割拠の時期だった。


2010年12月31日、日本のあけおめ関連のツイート(6939TPS)

 半年に渡って守られていた記録を更新したのは、日本のあけおめツイートだった。記録が達成されたのは年が明ける4秒前とのことで、日時は1月1日ではなく12月31日となる。

Twitterブログより。記録の祝福と日本各地のつぶやきの画像が掲載されている


2011年7月17日、サッカー女子ワールドカップで日本が優勝(7916TPS)

 次の最高記録もまたまた日本が更新。なお、この日はサッカーコパ・アメリカ(南米選手権)での準々決勝パラグアイ対ブラジルが当時歴代2位となる7166TPSを記録している。日本代表の優勝がなければ、日本の連続記録更新はここで途絶えていたかもしれない。


2011年8月28日、シンガーソングライター ビヨンセの妊娠(8868TPS)

 MTVビデオミュージックアワード(VMA)でビヨンセが自らの妊娠を公表。日本の記録保持はここで途絶えることとなった。


2011年12月9日、日本テレビ 天空の城ラピュタ放映でバルス関連のツイート多発(2万5088TPS)

 ビヨンセ妊娠時の記録を3倍以上更新したのが、2011年のバルス祭りだ。ここから1年以上もの間、王座を守ることとなる。なお、2012年1月1日のあけおめツイートはサーバーのダウンにより数値が伸びず。


2013年1月1日、日本のあけおめ関連のツイート(3万3388TPS)

 1年越しの逆襲、あけおめが2度目の王座に輝く。また2010年年末の6939TPSに対して2013年は3万3388TPS。ツイッターが大幅に普及したこともうかがい知ることができる。

Twitterブログより、世界の新年のツイート数。日本(ソウル)のツイート数の多さがわかる


2013年8月2日、日本テレビ ラピュタ放送でバルス関連ツイート多発(14万3199TPS)

 記憶に新しい先日のラピュタ放映。TPSは前記録を4倍以上と大幅に更新した。数値は2011年放送時の記録の約6倍となる。ニコニコ生放送において「バルス祭り」という会場が開設されるなど、非常に大きな祭りとなった。

TPS記録更新の変遷
2010年6月25日 サッカー男子ワールドカップ、日本がデンマークに勝利 3283TPS
2010年12月31日 日本のあけおめ関連のツイート 6939TPS
2011年7月17日 サッカー女子ワールドカップで日本が優勝 7916TPS
2011年8月28日 シンガーソングライター ビヨンセの妊娠 8868TPS
2011年12月9日 日本テレビ ラピュタ放送でバルス関連ツイート多発 2万5088TPS
2013年1月1日 日本のあけおめ関連のツイート 3万3388TPS
2013年8月2日 日本テレビ ラピュタ放送でバルス関連ツイート多発 14万3199TPS

 振り返ってみると、記録のほとんどが日本で更新されており、日本におけるツイッターとイベントの連動という独特の使用方法が目立つ結果となった。また、2010年6月25日以降の記録更新はサッカー、あけおめ、バルスが共に2回ずつであり、これらがつぶやきやすいネタと言えるのかもしれない。

 2014年1月1日のあけおめツイートは記録を更新することができるのか、次回のラピュタ放送でさらに大きな盛り上がりを見せ自己ベストを伸ばすのか、あるいは別の刺客が現れるのか。次回の記録更新に期待したい。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン