このページの本文へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測第51回

コンパクトが魅力の夏スマホのカメラ機能を比較する

2013年08月05日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

フラグシップ級の高度な機能を揃える
Optimus it

 Optimus itにはハイスペックスマホでおなじみの機能が搭載されている。シャッターを押す1秒前から撮影する「タイムキャッチショット、音声でシャッターを切る「ボイスシャッター」、顔のシミ取りができる「ビューティーショット」あたりが特に目を引く。

ビューティーショットはバーを操作するだけで、被写体の顔をキレイにできる

 また音量キーは上下ともにシャッターキーとして使えるので、タッチよりもハードキーで撮影したい人には嬉しいだろう。

 他にも撮影画面のアイコンを「クイックメニュー」で変更ができる。動画では「ライブ効果」で顔や背景にエフェクトを入れながら撮影する機能もある。ただし画像編集は一般的なAndroid標準の機能を使用する。

設定項目はひととおり用意。動画でリアルタイムにエフェクトをかける機能も

画像編集が充実している
DIGNO R

 DIGNO Rの撮影モードには一眼レフ風の撮影ができる「背景ぼかし撮影」、18パターンの「エフェクト撮影」、露出の違う写真を3枚撮影する「オートブラケット撮影」などがある。

主要な機能やエフェクトはいろいろとそろっている

 目新しい独自機能は特に見当たらないが、基本的な機能はひととおり揃っている。

 また画像編集は「エフェクトプラス」と呼ばれる独自のアプリを使っており、「露出」や「コントラスト」の変更から、「部分着色」「ミニチュア」「コミック」から「魚眼」など、非常に多彩な加工機能を用意している。スタンプや切り抜きもできるので、撮った後の機能が充実している印象だ。

撮影した後で写真を加工できるエフェクトプラスはなかなか強力

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン