このページの本文へ

ユーザー数が2億超のLINE、国内常用者数はSNSトップ

2013年07月24日 15時59分更新

加藤宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月21日時点で世界の登録ユーザー数が2億人を突破したLINE。向け無料通話・無料メールアプリとして2011年6月にサービスを開始して以来、登録ユーザー数は12年7月に5000万人を超えると、13年1月に1億を突破、4月には1億5000万人に到達していた。今年に入ってからは約3か月ごとに5000万人増という急成長を遂げたことになる。

 LINEは日本をはじめ東アジア中心でサービスを展開していったが、新たにアジアのインドやフィリピンなどでユーザー数が増えたほか、ヨーロッパではスペイン、中南米ではブラジルやメキシコ、コロンビア、アルゼンチン、ペルーなどの国々でユーザー数が急拡大。成長スピードを加速させた。

 しかし、LINEの勢いはこれだけではない。ブランドコンサルティング会社のリスキーブランドは毎年実施している「MindVoice調査」で、「SNS活用者動向」について分析したところ、日常的に活用(常用)しているSNSとしてLINEがトップに立ったのだ。
2013年5月時点でLINEは1094万人となり、2位はFacebookの906万人、3位はTwitterの782万6000人と続いている。mixiは439万6000人だったが、他のSNSに比べて唯一、常用者数が減少傾向にある。

 世界の登録ユーザー数については、2億人までに急成長したとはいえ、人数の多さそのものはFacebookやTwitterに遠く及ばない。しかし、両SNSに比べてサービス開始時期が遅く、サービス期間が短いにもかかわらず、日本国内での常用者数がトップとなった今、国内外の展開が最も注目されるサービスであることは間違いない。

LINE TOP
主要SNSの常用者数の推移(総務省の人口推計・通信利用動向調査を合わせた推計:リスキーブランドより)

■関連サイト


asciicloud

アスキークラウド最新号特集

地デジ普及でクラウド化
グーグルも狙う
テレビ業界

・発売:2013年7月24日(水)
・定価:650円(本体:619円)

最新号の詳細はこちらから

カテゴリートップへ

ピックアップ