このページの本文へ

次世代SSDはSATA Expressを採用、Plextorが語る事業戦略

2013年05月22日 20時00分更新

文● 石井 英男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

次世代SSDでは
SATA Expressを採用する

―――SSDの次世代製品についてお訊きします。現在の主力のM5SやM5 Proが登場してから、約1年が経とうとしているので、そろそろ次の製品が出るのではないかと期待していますが……

【Charlie】 弊社はこれからも、SSDの新製品を出していきます。今後、より強化したいのはデータの信頼性と安全性です。今までも、「True Protect」という独自のデータ保護技術を搭載してきましたが、これをさらに強化することに力を注いでいます。

128bitのエラー補正でデータの整合性を保証し、さらに専用ファームウェアにより長期間にわたりデータを保護する機能が「True Protect」だ

―――SSDの性能は年々向上してきていて、SATA 3.0の6Gbpsというインターフェースの限界に近づいてきています。そろそろ次のインターフェースに対応しないと、SSDの性能が頭打ちになってしまうと思われます。今後は、より高速なインターフェースを採用していくのでしょうか。

【Charlie】 おっしゃる通りです。現在、一般的なPCでは、SATA 3.0やmSATAが使われていますが、その限界に近づいています。弊社の次世代製品は、新しいインターフェースであるSATA Express(関連記事)を採用します。ただし、最初はおそらく、サーバーやワークステーション向けの製品を優先することになると思います。もちろん、SATA Expressが普及したら、一般ユーザー向けの商品としても販売していくつもりです。

赤い限定SSD「Ninja」の
次世代品も登場予定

―――以前、赤い限定SSD「Ninja」を発売した時、日本でも話題になりました。今後、また限定品を出す予定はありますか?

【Charlie】 今後も出す予定はありますが、まだいつとは言えません。

日本では100台のみ販売された限定版SSD「NINJA」。本体にはシリアルナンバーも記載されている

―――「Ninja」はM2Pに専用カスタムファームウェアを搭載したものと記憶していますが、今度出すとしたらM5 Proあたりにカスタムファームウェアを搭載することになるのでしょうか?

【Charlie】 そうですね。ただ、M5シリーズがベースになるか、さらに新しい製品がベースになるかは、まだわかりません。

―――日本のユーザーは次世代「Ninja」に期待してます。名前も“忍者”ですし、日本では、「赤は速い」というイメージを持つ人が多いので。(笑)

【Charlie】 ご期待いただきありがとうございます。「Ninja」の次世代品は考えておりますので、お待ちください。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中