このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2013レポート特集 第13回

Plextorが「M6」シリーズのSSDを開発中、780MB/秒のM.2モデルも

2013年06月05日 21時27分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 国内でも人気のPlextorブランドのSSD。やはりというべきか。「M5 Pro」シリーズの後継モデルにあたる「M6」シリーズがCOMPUTEX TAIPEI 2013のPlextorブースに展示されていた。

COMPUTEXの会場を入ってすぐのPlextorブースは非常に目立つ。日に何度も通り過ぎることも珍しくない

現在開発中の「M6」シリーズ。「M5 Pro」シリーズをベースとするので、それほど大きな変更はないようだ

 ブースにいた担当者によると、現在開発中の「M6」シリーズは、従来の「M5 Pro」シリーズをベースにファームウェアを別物にしたものになるという。表記されているスペックを確認すると、「M5 Pro」シリーズと同じで基本仕様に変化はない。もっとも「発売が年末頃」とのことなので、これからファームウェアの熟成が本番に入るのだろう。

最大読み込み780MB/secを実現する「M.2」規格に対応したモデル

 そのほか「組み込み向けでの採用を強化したい」と語る通り、NGFF(Next Generation Form Factor)こと「M.2」規格に対応したモデル、やeMMC(embedded MultiMediaCard)などの製品も展示されていた。

NANDフラッシュとコントローラーを1つのパッケージとしたeMMC。スマートフォンなどのデバイスで採用予定だ

【関連サイト】

■関連記事 ,

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中