このページの本文へ

「App Store」のアプリダウンロード数が500億本突破

2013年05月17日 16時00分更新

花田祐輔(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「App Store」におけるアプリダウンロード数が通算500億本を突破した。App Storeは2008年7月にiPhone 3Gの発売とともにサービスを開始したが、約5年で大台突破となった。

 アップルは今年1月7日(現地時間)に、App StoreからのiOSアプリの累計ダウンロード数が400億本を突破したことを発表していたが、それから約4ヵ月。今月2日に500億ダウンロードが目前に迫り、公式サイト上にカウントダウンページを公開すると、それから約2週間を経た15日に、ついに500億本を突破した。

 App Storeでのアプリダウンロード数は2009年11月の時点では約20億本だったが、コンテンツの増加に伴いダウンロード数も順調に増えた。2011年1月に100億本を突破すると、2012年は年間で約200億本がダウンロードされ、2012年6月の時点で累計300億本を突破していた。また、今年1月の400億本到達までに約4年半の期間を費やしたのに比べ、以降の100億本はわずか4ヵ月という短期間での達成しており、さらに加速度的に増加していることがうかがえる結果となった。

 なお、今回の500億ダウンロードの達成を記念し、500億本目をダウンロードしたユーザーには1万ドル分のApp Storeギフトカードがプレゼント。また、500億1番から50番目までのユーザーにも500ドル分がプレゼントされるとのことだ。

apple 500 01 apple 500 02
アプリダウンロード数500億本突破に「ありがとう」今月2日より公開されたカウントダウンページ

アスキークラウド最新号特集

『Amazon』翌日配達を発想する「利益無視」経営

asciicloud

「Amazonは今や単なる「便利なオンライン書店」ではない。1995年に創業したベンチャー企業は小売業の枠を超え、物流サービス、クラウドサービスも提供する売上高5兆円以上の巨大企業ら成長。「価格破壊」を武器にオンラインからオフラインまで業界を問わず成長しつつある。アマゾンはなぜ急成長できたのか? 迎え撃つ日本企業の動向にも迫った。

最新号の詳細はこちらから

カテゴリートップへ

ピックアップ