このページの本文へ

「App Store」5周年で人気アプリをプレゼント、米報道

2013年07月09日 16時01分更新

加藤宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルのiOS向けアプリストア「App Store」は7月10日(米現地時間)にオープン5周年を迎える。これを記念し、「App Store」が人気のアプリやゲームなどを無料提供していると、ヴァージ(THE VERGE)やウォール・ストリート・ジャーナル(THE WALL STREET JOURNAL)、シーネット(CNET)といった海外メディアが報じている。

 実際、日本語版の「App Store」にアクセスすると「5 Years of the App Store」と題したリンクが貼られている。「5周年を記念して、5つのアプリケーションと5つのゲームをプレゼント」という説明文が添えられており、リンク先にアクセスすると、ソーシャルアクションゲームの「インフィニティ・ブレード2(Infinity Blade II)」や日記アプリの「デイ・ワン(Day One)」、ハードカバー絵本をもとにした子供向け地図アプリ「ベアフット・ワールド・アトラス(Barefoot World Atlas)」など、計10のゲームやアプリが期間限定で無料ダウンロードできる。

 「App Store」は、2008年7月にiPhone 3Gの発売とともにサービスを開始。その後、1年以上過ぎた09年11月時点でアプリのダウンロード数は累計約20億本にすぎなかったが、コンテンツが充実していくと徐々にダウンロード数も増加。11年1月に累計100億本を超えると、12年には年間ダウンロード数が約200億本に達した。13年1月に累計400億本、5月には累計500億本を突破している。

app store 5
日本語版の「App Store」でオープン5周年を告知

カテゴリートップへ

ピックアップ