このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

末岡洋子の海外モバイルビジネス最新情勢第78回

スマホの主戦場はローエンドに NokiaにはAndroidが必要!?

2013年05月15日 19時30分更新

文● 末岡洋子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スマートフォンの裾野が広がっている。そしてメーカー間のバトルはハイエンドからミッドレンジ、さらにはローエンドに拡大しつつある。

新興国向けのローエンド端末は今も昔もNokiaを支えている。ここにもAndroidスマホが押し寄せている

 日本市場ではあまり話題にならないが、ミッドレンジからローエンドは世界的にみると重要な市場だ。50~150ドルのスマートフォンが2013年のスマートフォンの主戦場と見る向きもある。長年このエリアで大きなシェアを占めてきたNokiaだが、ハイエンド同様、苦戦の様相を呈してきた。NokiaはAndroidを採用すべきではないかという意見も再度見られるようになってきた。

100ドル前後で登場するスマートフォン
スマホかフィーチャーフォンか、境界が曖昧に

 NokiaはWindows Phoneラインの「Lumia」のほかに、現在もう1つ「Asha」というブランドを持つ。AshaはLumiaと同時期の2011年秋に登場しており、GPRSなど高速ネットワークが普及していない市場向けに、安価だがモダンな外見とタッチ画面などの機能を持つ端末を揃えてきた。OSにはプロプライエタリなSeries 40を採用するが、Nokiaは「スマートフォン」として分類しており、SymbianからWindows Phoneへの過渡期である現在のNokiaを支えている存在だ。

 5月初め、Nokiaはインドで最新の「Asha 501」を発表。Asha戦略を強化した。OSは“Ashaプラットフォーム”として一新し、UIはアイコンが並ぶこれまでの“Home”に加えてよく利用するアプリへのアクセスを容易にする”Fastlane”を導入した。

 圧縮技術を利用したブラウザー「Xpress」も強化した。Facebook、WhatsAppなどのアプリ、デュアルSIM、バッテリー持続時間(シングルSIMで48日)など、インドのような市場で重要な機能を揃えるとともに、3.2メガピクセルカメラを搭載し、価格は99ドル。Nokiaは同時にアプリのエコシステムの構築にも乗り出す。開発者はJavaベースの開発ツールを利用してAsha向けにアプリを開発し、「Nokia Store」で公開できる。

 ちなみにNokiaのWindows Phoneラインで最も低価格な「Lumia 520」は139ユーロ(180ドル)。価格や機能の面で、スマートフォンとフィーチャーフォンの差が曖昧になってきたと感じる。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン