このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

美しいディスプレーを活用しよう

「NEXTGEAR-ONE」をゲームステーション&パラレルOS化!

2013年05月15日 23時00分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

外部ディスプレーとしてのNEXTGEAR-ONE

Mac miniをHDMIケーブルに接続!

 HDMI入力端子につなぐ機器として、もう一つおすすめしておきたいのがMac miniだ。

 通常WindowsとMacの両方を使う場合、パソコンを2台用意するか、外部ディスプレーに2台のパソコンを接続する必要があった。パソコン周りというのはどうしてもケーブルがごちゃごちゃするもの。2台のパソコンを扱うとなれば、それはなおさらだ。

 そこで、本機をMac用の外部ディスプレーとしても使ってしまうというのはいかがだろう。ゲーム機と同様にMac miniをHDMI端子へ接続し、ディスプレー切り替えボタンでHDMIを選択しよう。

電源ボタンの下、ディスプレーのアイコンが目印だ

きわめてシンプルなメニューだが、非常に軽快で使いやすい

 本機から伸びるケーブルは電源のみ。手軽に、ケーブル周りの非常にすっきりとしたパラレルOS環境が実現してしまうのだ。実際にMac OSを出力してみて、改めて本機のディスプレーの綺麗さに驚く。ゲームをダイナミックにプレーできるよう色調が調整されているのか、コントラストが強く、きわめて鮮やかでまばゆいばかりだ。

NEXTGEAR-ONEにMac OSのデスクトップが表示された!

 確かに、キーボードとマウスのペアリングを切り替えたり、つなぎ変えたりするのは多少面倒かもしれない。しかしそこで活きてくるのが本機の10点マルチタッチパネルだ。賛否両論あるソフトウェアキーボードだが、タッチ性能が優秀ということもあり、本機のそれは極めて快適に入力できる。簡単な入力作業であれば、ストレスなくこなせるだろう。

 補助的にMacを使ったり、Macで作ったサイトをWindowsのブラウザから確認したりといった使い方には最適だ。両方のパフォーマンスが100%活かせるという点も良い。

 「当たり前じゃん?」と言われてしまえばその通りなのだが、あくまでもお伝えしたいのは本機の美麗なディスプレー・秀逸なデザインを「出力装置として利用できる楽しさ」そして「ディスプレーモードへの移行のしやすさ」である。

 今回は「ゲーム用ディスプレーとして流用する」「搭載OSとは違ったOSを外部から出力する」という遊び方を紹介したが、規格さえ対応すれば何にだって流用可能だ。例えばスマートフォンにHDMI出力用のアダプターを接続して大画面でスマートフォン向けサイトのブラウジングを楽しむのも良いし(タッチは連携しないが……)、地上デジタルチューナーを接続してパソコン兼テレビとして使っても面白い。

 いずれも、接続するケーブルが電源アダプターのみの本機だからこそ、すっきりとした配線で実現できると言えよう。パソコン市場における一体型パソコンが占める割合は決して大きくないが、実際に使ってみると、一台で完結する手軽さが強く感じられる。

 なお5月13日には、これまでWindows 8モデルのみだった本機に、Windows 7モデルが登場している。今回紹介した方法で、Windows 7とWindows 8、Windows 7とMac OS、Windows 8とLinuxなど、多彩な組み合わせで使えるようになったというわけだ。

 OSが選択可能になってますます可能性の広がるNEXTGEAR-ONE、ぜひともお試しを!

 
主なスペック
製品名 NEXTGEAR-ONE
型番 io600BA3 io600SA3 io600GA3 io600PA3 io600PA3-SP
CPU Core i7-3630QM(2.40GHz) Core i7-3740QM(2.70GHz) Core i7-3840QM(2.80GHz)
メモリー 8GB 16GB 32GB
グラフィックス GeForce 670MX(3GBビデオメモリー)
ストレージ 500GB HDD 120GB SSD、1TB HDD 256GB SSD、1TB HDD 256GB SSD×2(RAID 0構成)
ディスプレー 27型(1920×1080ドット)10点マルチタッチ
光学式ドライブ DVDスーパーマルチドライブ Blu-rayディスクドライブ(BDXL対応)
通信機能 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth 4.0
インターフェース USB 3.0端子×4、USB 2.0端子×2、
D-sub端子、HDMI出力端子、HDMI入力端子、
ヘッドホン出力端子、マイク入力端子
カードスロット SD/miniSD/microSD/SDHC/microSDHC/SDXC/MMC/メモリースティック
本体サイズ/重量 約幅670×奥行き65×高さ510mm/約13kg
OS Windows 8、
Windows 7 Home Premium
Windows 8
価格 14万9940円 16万9890円 19万9950円 24万9900円 27万9930円


マウスコンピューター/G-Tune


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ