このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

1台で3つのシチュエーションの活躍!

企業向けに限らずおススメ! MousePro Aで始めるWindows 8

2013年02月18日 09時00分更新

文● 貝塚/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「法人向けPC」と聞いてどんな製品を思い浮かべるだろう。

 昔ながらの灰色のスリムタワーだろうか。それとも、チープな塗装の銀色のミニタワーだろうか。無骨なノートPCを思い浮かべる方もいるかもしれない。

バッテリー内蔵のタッチ対応液晶一体型パソコン「MousePro A」シリーズを紹介する。大画面だが薄型で、一般男性であれば難なく持ち歩けるサイズだ

 マウスコンピューターが昨年の12月に法人向けブランド「MousePro」から発売した一体型PC、「MousePro A」シリーズは、これまでの法人向けPCのイメージとは一線を画す、新世代の一体型PCである。

薄く、質感のいい一体型PC

 編集部へやってきたのは、薄い長方形の箱。筆者はMousePro Aがどんなものかを知らなかったため、「別添で本体の箱があるのか?」と思ったほどだ。

同僚のYも「なにこれ…?」と不思議そうに見ていた

 ところが、そんな予想はすぐに裏切られた。薄いのである!

 シンプルながらも決して素っ気なくはないデザイン。ガラス・金属・樹脂という三つの素材の絶妙なバランスのおかげなのだろう。

 基本的には現代的な、「今時の一体型PC」という面持ちだが、艶のある枠が、うるしを彷彿させるようにも思えた。

MouseProは、マウスコンピューターの法人向けブランド

 黒を基調としたシンプルなデザインは、どんな部屋にも違和感なく溶け込むことだろう。

 21.5型のディスプレーは10点マルチタッチに対応している。指に吸い付いてくるようにして、きわめて滑らかに動いてくれ、ストレスのない操作が可能だ。始めはキーボードとマウスを時折用いながら触っていたが、途中から「このPCをキーボードとマウスで動かすなんて邪道だ」とさえ思えるようになった。

 フラットなガラスに埋め込まれて一体化したディスプレーはスペック以上に大きく見え、少し離れると、黒い板に映像が浮かび上がっているように見える。しばらく触っていると、SF映画に頻出する、空中に映像が出てくるシーンが自然と頭をよぎった。

前へ 1 2 3 4 次へ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ