このページの本文へ

iPad miniのように薄型スリムな7.85型中華タブレット

2013年08月09日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPad miniに近い感覚で使える、7.85型のAndroidタブレット「Fatty II」が東映無線ラジオデパート店に入荷している。メーカーは中国のICOO。

iPad mini的な感覚で使いたいならオススメな7型中華タブICOO「Fatty II」が発売。薄型デザインのフレームを採用、バランスのよいスペックも好印象だ

 iPad miniとほぼ同じ7.85型サイズのAndroidタブレットが販売中だ。“本家”よりやや幅広ながら、薄型のアルミフレームを採用するなど取り回しの良さは匹敵。4コアCPUや広視野角なIPS液晶を搭載、スペック面でも申し分ない。使い勝手のいい8型級タブレットを探している人にはオススメな端末だ。

 搭載OSはAndroid 4.2。CPUはクアッドコア動作のRockchip「RK3188 1.6GHz」、メモリー1GB、内蔵ストレージ16GBを実装する。液晶ディスプレーの解像度は1024×768ドットで、10点マルチタッチに対応。通信機能はBluetooth、 IEEE 802.11b/g/nの無線LANをサポートする。

 また、5500mAhと同クラスでは比較的大容量のバッテリーを内蔵。ライフの長さも魅力の一つだ。

アルミフレーム採用の背面には500万画素のカメラも実装。厚みは公称で最薄6mmだが、実測では約8.5mmほど

インターフェースはmicroUSB、microSDスロット(最大32GB)、microHDMI、イヤホンジャックなど。電源、ボリュームボタンは側面よりやや内側寄りに配置されいている

 東映無線ラジオデパート店にて1万7980円で販売中。なお、同店では「専用キーボードを発注したところ、iPad mini用の物が入荷してきた」として、以前ご紹介の「Bluetooth Keyboard for iPad-Mini」も合わせて販売している。こちらは2680円だ。

入荷してきたiPad mini用のBluetoothキーボードにも装着可能。ちょっとばかりはみ出してしまうのはご愛嬌だ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン