このページの本文へ

行楽地でも困らない? なくした、壊した スマホトラブル解決法第1回

スマホ&iPhoneの故障に関する10の疑問

2013年04月30日 12時00分更新

文● 正田拓也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Q5:買ったばかりだけど初期不良として交換してくれる?

A:基本的には交換してくれる

 家電量販店や併売店と呼ばれる安売りショップでは、購入の際、修理対応はキャリアショップに行くように説明されるが、初期不良も同様だ。とはいえ、心配は無用。原則としてキャリアショップならば、他店で購入した場合でも基本的に差別なく対応してくれる。

 ただし、初期不良で交換かどうかは故障の程度や故障した状況にもよるので、絶対に交換してくれるとは限らない。また、人気機種で品切れの場合は交換するものがないこともある。

 なお、スマートフォンは箱にも本体と同じシリアル番号が書かれている。初期不良交換の際、本体だけ持っていって交換してしまうと、箱と本体の番号が違ってしまう。箱と番号が違っていても支障はないが、気になる人はすべて持っていくことをおすすめする。

Q6:防水スマホが水没で故障した場合、有償修理になるの?

A:場合によっては有償修理になる可能性も……

バッテリー下方の赤いつぶつぶ模様が判定シール 濡れるとにじむのですぐわかる
バッテリー下方の赤いつぶつぶ模様が判定シール濡れるとにじむのですぐわかる

 実際にはケース・バイ・ケースとしか言いようがないが、防水機種であっても、パッキンの締め忘れで水が浸入した場合や、水濡れした際にちゃんと拭かないままクレードルに差して故障した場合など、有償修理になる場合がある。

 防水機種の場合、水に濡れるとインクがにじむ判定シールがパッキンの内側に貼ってあることがある。そのため、たまたま濡れ手でパッキンを開閉した際、たった一滴でも判定シールに水がついてしまえば、水没の判断では基本的にアウト。

 ただし、状態によっては即判断ができず、修理拠点に送ったあとで検討される場合もある。キャリアにもよるが、判定シールに異変がなくても、内部基板の腐食やサビ、ディスプレー内側やアンテナなどに付着した水滴などで水濡れと判断されるケースもある。

判定シールは、防水パッキンのすぐ内側に隠すように貼ってある機種もある。パッキン回りがホコリまみれだと浸水の危険性が高いで注意
判定シールは、防水パッキンのすぐ内側に隠すように貼ってある機種もある。パッキン回りがホコリまみれだと浸水の危険性が高いで注意

 注意すべきはパッキンの開閉だ。パッキンに砂や髪の毛を挟むと、浸水の可能性が非常に高い。充電のたびに開け閉めしなければならない機種は、毎回注意し、パッキンを痛めないように注意したい。

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン