このページの本文へ

【週刊コマース】アマゾン、楽天、ヤフー関連の1週間 まとめ(3/27~4/2)

2013年04月04日 07時00分更新

加藤宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

27日(水)
・「Yahoo!オークション」が「ヤフオク!」に名称変更

 ヤフーは「不要となった物と、それを欲しいと思う人をマッチングさせる場として、より身近な存在になるため」とし、「Yahoo!オークション」から「ヤフオク!」へと名称変更した。

28日(木)
・ヤフー、渋谷エリアの商業施設とクレジットカード各社で地域活性キャンペーン「街カドフェスタ 渋谷」

 ヤフーは、クレディセゾンやエポスカード、東急カードのクレジットカード各社とソフトバンクテレコムとの恊働で、「街カドフェスタ 渋谷」を開催。4月12日から5月12日に期間中に渋谷の対象17店舗において対象カード(セゾンカード、UCカード、セブンCSカード、エポスカード、TOP&カード)を利用するとさまざまな商品が当たる。ソフトバンクテレコムのO2Oサービス「ウルトラ集客」を利用し、ネットと実店舗をつなぐ販促を展開していく。

・電通、フェイスブック活用の電子クーポンサービスを開発
 電通では、SNSと連動した電子クーポン「ともだちクーポン」を開発。第1弾として、フェイスブック対応サービスの提供を開始した。

・楽天カード、楽天市場出店事業者向けローンをスタート
 楽天グループの楽天カードは、楽天市場出店事業者向け融資サービス「楽天スーパービジネスローン」を4月1日よりスタート(申込受付開始)。融資金額100万円から1000万円の範囲で、主に仕入目的の運転資金を機動的に提供する。

・「楽天Edy」ANA国内線の機内販売で利用可能に
 ANA国内線の機内販売で電子マネー「楽天Edy」での決済に対応するシステムを導入し、7月1日よりサービスを開始する。機内で電子マネーを利用できるのは国内線初をうたう。機内販売システムは、キヤノンMJとANAが開発した。

29日(金)
・米アマゾンがSNSのグッドリーズを買収、電子書籍コンテンツ販売強化へ

 米アマゾンが現地時間28日に発表。電子書籍SNSのグッドリーズ(Goodreads)を買収した。同SNSの登録ユーザー数は米国中心に1600万人、ユーザーが書棚にかかえる書籍数は5億2500万冊、掲載された書評は2300万件を超える。

・米グーグル、オンライン通販の当日宅配サービスを試験運用
 米グーグルが現地時間28日に発表。サンフランシスコのベイエリアに地域を限定し、オンライン上で注文した商品を注文したその日に宅配する「Googleショッピングエクスプレス」サービスのテストを開始した。

4月1日(月)
・販促会議の調査、O2Oに取り組む企業は4割

 1日発売の月刊「トッププロモーションズ販促会議」(宣伝会議刊)誌上で、主要95社に対するプロモーション手法についてのアンケート調査結果を公表。O2Oへの取り組みを実施している企業は42.1%、今後、実施の予定があるのは26.3%で、68.4%の企業がO2Oに前向きであることがわかった。

・「楽天ポイントギフトカード」を全国のファミリーマートで独占先行販売開始
 楽天グループのさまざまなサービスで1ポイント1円として利用できる楽天スーパーポイントのプリペイドカード「楽天ポイントギフトカード」を、4月1日から全国のファミリーマート店舗約9500店のPOSAカード売場にて独占先行発売した。カードは3000円、5000円、10000円の3種類。

カテゴリートップへ

ピックアップ