このページの本文へ

カスタマイズできるUI、さらにデバイス間の同期も可能

サイバーリンク、4K対応の「PowerDVD 13」

2013年04月02日 00時00分更新

文● 貝塚 怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 DVDはもちろん、Blu-ray Discドライブやネット経由での再生など、様々なソースに対応したメディアプレーヤーPowerDVD。その新バーション「PowerDVD 13」がサイバーリンクから発売される。

開発のコンセプトおよび製品の特徴を述べるPeter Lin代表取締役社長

 最も高機能な「PowerDVD 13 Ultra」、PowerDVDの以前のバージョンからPowerDVD 13 Ultraへのアップグレードが可能になる「PowerDVD Ultra アップグレード版」、Ultraから一部の機能を除いた「Power DVD Pro」、リーズナブルな価格で多彩な機能が利用可能な「PowerDVD 13 Deluxe」、以前のバージョンからPowerDVD 13へのアップグレードが可能な「PowerDVD 13 Deluxe アップグレード版」 、特別価格のパッケージ版「PowerDVD Pro 特別優待版」の6製品だ。

 新製品群はダウンロード販売とパッケージ販売の両方で展開される。ダウンロード版の価格はPowerDVD 13 Ultraが1万1800円、PowerDVD Ultra アップグレード版が8800円、Power DVD Proが9500円、PowerDVD 13 Deluxeが6980円、PowerDVD 13 Deluxe アップグレード版が4680円で、4月2日より販売を開始する。

 パッケージ版の価格はPowerDVD 13 Ultraが1万2980円、PowerDVD Ultra アップグレード版が1万980円、Power DVD Proが9980円、PowerDVD Pro 特別優待版が7980円で、4月12日に発売する。

 なお、PowerDVD 13 DeluxeおよびPowerDVD 13 Deluxe アップグレード版はダウンロード販売のみで、PowerDVD Pro 特別優待版はパッケージ販売のみとなる。

 会場ではPowerDVD 13新機能の紹介およびデモンストレーションが行われた。PowerDVD 13の主な特徴として挙げられていたのが「4K動画の再生にも対応し、向上した再生品質」「起動や再生の高速化した新たなUI」「タブレットやスマートフォン、TVなど外部デバイスとの連携」の3つだ。

4K動画の再生にも対応し、向上した再生品質

 同社独自の技術「TrueTheater」の強化により、HD映像やBlu-rayからの再生に対してもアップスケール、輝度補正およびフレーム補正が適用可能になったほか、HDを超える解像度を持つディスプレーにおいてのHD映像の再生品質が向上したという。

4K動画再生デモンストレーションの様子

 会場では実際にTrueTheater機能を適用した映像と適用していない映像を並べた何パターンかの再生デモ実施されたが、適用後の映像はいずれも滑らかさが増し、色調もより鮮やかになったような印象を受けた。TrueTheaterはデコード後の映像に対して適用される為、拡張子を選ばず利用できるという。

 また、動画ファイル再生における字幕機能も強化され、サイズや色、位置が設定できるようになったほか、メイン字幕とサブ字幕を同時に表示することも可能となった。

 4KのMKVフォーマットの再生にも今回新たに対応。高解像度ディスプレーでの再生はもちろん、解像度が4Kに至らないディスプレーにおいても、ズームによって細部を鑑賞するなどの楽しみ方ができるという。

起動や再生の高速化した新たなUI

 UIはよりユーザーに寄り添った、分かりやすいものへと装いを新たにした。 例えば、利用しない機能についてはチェックのON/OFFで表示/非表示を切り替えられ、ユーザーの好みに合わせて自在にカスタマイズできるようになった。

カスタマイズ可能になったUI

ミニプレイヤーのデモ

 最も印象的だったのが再生開始までの待ち時間の短縮だ。PowerDVD 12とPowerDVD 13、双方で同じ動画ファイルを何度か開くデモが披露されたが、12では数秒のロード時間が感じられるのに対し、13ではダブルクリックをした次の瞬間には再生が始まっているように見えた。

 また、新たにサムネイル表示機能が搭載。シークバーにマウスポインターを合わせてスライドすることで、シーンのサムネイルがシークバー上部に表示される。

 その他、これまではディスク再生のみに対応していたレジューム機能が動画ファイルでも利用できるようになった。

 コンテンツ管理関連の機能としては、インターネット経由で最新映画情報を取得し、トレーラーを再生したり、お気に入りの役者を登録して出演作品一覧を表示する機能、またYouTubeやFacebook、Twitterとの連携機能も新たに搭載。これらの機能は「PowerDVDを入り口としても利用してもらいたい」という想いから搭載に至ったという。

 さらに、音楽再生機能も強化され、新たにAPEフォーマットの再生に対応したほか、「ミニプレイヤー」モードとして、カバーアートや最低限のコントロールのみを表示した状態でデスクトップに置くことも可能となった。

タブレットやスマートフォン、TVなど外部デバイスと連携

 もう一つのメイン機能はスマートフォンやタブレット、TVとの連携機能だ。DLNAネットワークを利用することで、他のデバイスに保存されたコンテンツをストリーミング再生できる。ストリーミング再生でもTrueTheaterは適用可能だ。

 また、他のデバイスとの同期、他のデバイスからのダウンロードにも対応。これらの機能は同社のモバイル端末向けメディアプレーヤー「PowerDVD Mobile」によって利用可能になる。PowerDVD MobileはApp StoreやGoogle Playなど公式アプリストアよりインストール可能だ。

 また、PowerDVD Mobileは今回新たにWindows 8に対応し、Windows ストアよりインストール可能となっている。iPhone、iPadおよびAndroidをPowerDVDのリモコンとして利用可能な「PowerDVD Remote」もそれぞれのストアからインストールできる。

PowerDVD Mobileが体験できるデモコーナーも用意された

 PowerDVD 13は日本語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、中国語(繁体、簡体)、韓国語に対応。OEM向け製品としての促進も視野に入れているという。ダウンロード販売開始と同時に体験版のダウンロードも開始される。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン