このページの本文へ

ISOイメージファイルの直接再生に対応

4K対応動画再生ソフト「PowerDVD 15」、高画質化やHEVCハードウェア支援

2015年04月14日 22時06分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
動画再生ソフトの新バージョン「PowerDVD 15」

 サイバーリンクは4月14日、動画再生ソフトの新バージョン「PowerDVD 15」を発表した。パッケージ版とダウンロード版、定額制のサブスクリプション版が提供される。

 パッケージ版とダウンロード版は、すべての機能を備えた「Ultra」、基本的な機能を備えた「Pro」、必要な機能に絞った「Standard」の3種をラインアップ。アップグレード版は、バージョン13/14のユーザーが対象だ。

ラインアップと主な機能。

 価格と発売時は以下の通り。

ダウンロード版 4月14日発売
PowerDVD 15 Ultra 1万1800円
PowerDVD 15 Ultra アップグレード版 9799円
PowerDVD 15 Pro 9499円
PowerDVD 15 Pro アップグレード版 6750円
PowerDVD 15 Standard 4799円
パッケージ版 4月17日発売予定
PowerDVD 15 Ultra 1万2960円
PowerDVD 15 Ultra 乗り換え・アップグレード版 1万800円
PowerDVD 15 Ultra アカデミック版 9180円
PowerDVD 15 Pro 9979円
PowerDVD 15 Pro 乗り換え・アップグレード版 7290円
PowerDVD 15 Standard 5130円

 すべてのバージョンでXAVC S、H.264、4K動画ファイルの再生に対応する。独自の高画質化技術「TrueTheater」を搭載し、彩色処理エンジン「TrueTheater Color」によりBlu-ray、DVD、動画ファイルの映像を分析し、「鮮やかさ」や「色合い」を最適化。肌のトーンや空の青さを認識し、本来の鮮やかでリアルな色彩を再現するという。

 TrueTheaterの操作パネルも改善され、画質、音声調整機能がスマートスライダーでより直感的に操作できるようになった。

TrueTheater Colorにより鮮やかな色彩を再現。スマートスライダーでTrueTheater Colorを直感的に操作。
映像を鮮やかにするTrueTheaterテクノロジーの詳細。

 そのほか、Ultra HD 4K動画、120/240fpsのハイフレームレート動画の再生に対応。オーディオ機能では、WASAPI排他モードをサポートする。

120/240fpsのハイフレームレート動画でもカクつくことなく再生。オーディオ機能も進化した。

 Ultraでは、ISOイメージファイルの再生に対応。Blu-ray/DVDのイメージファイルを直接再生できる。さらに、H.265/HEVC再生時に、第4世代インテルCoreプロセッサー(Haswel Refresh)とNVIDIA製ビデオカード(Kepler)によるハードウェアアクセラレーションに対応。CPUの負荷を低減し、滑らかな再生が可能だ。

 さらに、Ultraでは音声抽出機能をサポートし、動画ファイルやオーディオCDから指定したシーンの音声を抽出しファイル化が可能だ。YouTube動画からも抽出可能で、音声はMP3やAAC形式で保存できる。

ISOファイルの再生に対応。音声抽出機能をサポート。

 サイバーリンクが提供するクラウドストレージ「サイバーリンククラウド」では、1年間無料で使える容量を20GBに増量。Ultraでは本バージョンから、クラウド上の動画ファイルのストリーミング再生が可能になった。

クラウドストレージ「サイバーリンククラウド」ではオンライン上で同期やストリーミングが可能に。
関連する動画をひとまとめに連続再生する「シリーズ動画」機能。インターフェースを自分好みにカスタマイズ可能に。背景はサイバーリンクMoovieLiveサイトからもダウンロードできる。
各エディションの比較。
■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン