このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” 第295回

被災地で保護された猫が暮らす浅草の猫カフェ

2013年03月15日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ほかのお客さんが写らないように注意!

ほかのお客さんの顔が写らないよう、角度やタイミングやぼけ具合をチェックしつつ撮っております(2013年2月 オリンパス OM-D E-M5)

ほかのお客さんの顔が写らないよう、角度やタイミングやぼけ具合をチェックしつつ撮っております(2013年2月 オリンパス OM-D E-M5)

 もうひとつ重要なのは、ほかのお客さんが写らないように撮ること。猫の撮影はOK……とはいえ、お客さんたちが椅子に座ってじーっとしてるたぐいの店ではないので、床にしゃがんで猫と遊んでる人とかいるわけですよ。

 で、背景に写っちゃうのはしょうがないのだけど、そういう写真(特に顔が写るなど特定できそうなもの)はブログにのっけたりしないのが基本。猫と遊んでる姿ごと載せたいと思ったら、その場で声をかけて許可をもらっておくべきです。猫を撮るフリしてこっそり膝に猫を乗せた姿を撮るなど言語道断ですな。

 きゃらふは雑種猫中心だけあって、猫たちがみな個性的で面白い。黒猫の「ネロ」はすぐ椅子を占領したがる。膝の上に来ないで、人が立ち上がった途端、そこを奪うのだ。

いつのまにか椅子の背にかけておいたはずの私の上着がずり落ちてて黒猫のネロが陣取ってたの図(2013年2月 オリンパス OM-D E-M5)

いつのまにか椅子の背にかけておいたはずの私の上着がずり落ちてて黒猫のネロが陣取ってたの図(2013年2月 オリンパス OM-D E-M5)

 前回のZR1000で自分撮りした猫がそう。ちょっと気を抜くとこんな風に椅子を占領するのだ。横に見えてるのは私の上着。思い切りベッドにされてます。

 上にコートをかけてやったらギロリと睨まれました。

コートをかけたら、中からうにっと顔を出して「なにすんだよ」という顔で睨んだの図(2013年2月 オリンパス OM-D E-M5)

コートをかけたら、中からうにっと顔を出して「なにすんだよ」という顔で睨んだの図(2013年2月 オリンパス OM-D E-M5)

 次の猫は……ってやってると長くなるので続きはまた来週。きゃらふってスポットライトが多くてやや暗めでキャットタワーやキャットウォークなど猫が遊びやすい空間作りをしてるので、工夫次第でいろんな写真を撮れるから、大量の写真を撮っちゃったのだ。

■関連サイト



■Amazon.co.jpで購入


筆者紹介─荻窪圭


著者近影 荻窪圭

老舗のデジタル系ライターだが、最近はMacとデジカメがメイ ン。ウェブ媒体やカメラ雑誌などに連載を持ちつつ、毎月何かしらの新型デジカメをレビューをしている。趣味はネコと自転車と古道散歩で、天気がいい日は自転車で都内を走りながらネコを探す日々。単行本は『ともかくもっとカッコイイ写真が撮りたい!』(MdN。共著)、『デジカメ撮影の知恵 (宝島社新書)』(宝島社新書)、『デジタル一眼レフカメラが上手くなる本』(翔泳社。共著)、『東京古道散歩』(中経文庫)、『古地図とめぐる東京歴史探訪』(ソフトバンク新書)。Twitterアカウント @ogikubokei。ブログは http://ogikubokei.blogspot.com/


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン