このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

エアバスA380で行く微笑みの国タイで、オタク事情を探る!第3回

レイヤーの意識が日本とは違うタイのコスプレ事情

2013年02月16日 18時00分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 タイの萌え事情を紹介をするべく、前回はバンコクの中心街サイアムにある秋葉原的ショッピングセンターや、その周辺にあるオタクショップを取材してきた。今回のタイのオタク事情レポート後編は、日本文化の紹介や留学相談、日系企業への就職を斡旋する「JAPAN EDUCATION & JOB FAIR」とコスプレイベントの2つを紹介していこう。

タイのコスプレ誌「COSMODE THAILAND」の編集長、滋野真琴さんコスプレ誌の表紙などで活躍する男装系コスプレイヤーのなるたんさん

 さらに、コスプレ雑誌「COSMODE THAILAND」の編集長滋野さんと、タイのコスプレイヤーなるたんさんの2人へインタビューできたので、タイのコスプレ事情もお届けしよう。

B級グルメからメイドまで
日本は憧れの地!

 タイの多くの人が持つ日本のイメージは、お金持ちの国で安全というもので、憧れの国の1つになっている。
 そんなタイの人たちに向けた、日本文化の紹介や日本への留学、タイに進出している日系企業の求人情報を紹介するイベント「Japan Education & Job Fair in Thailand」が、タイの超高級ショッピングモール「サイアム・パラゴン」で開催されていたので、足を運んでみた。

サイアム・パラゴンは、海外の高級ブランドショップなどに加えて、マセラティやベンツなどの高級自動車ディーラーなどが連なる、超が付く高級ショッピングモールだ
「Japan Education & Job Fair in Thailand」は今年で2回目のイベントで、入場は無料ステージイベントでは、クイズ大会なども行なわれており大賑わいだった

 会場内では、日本でもおなじみの企業や大学、専門学校などがブースを出展していたほか、日本文化の紹介コーナーでは、着物の体験着付けや、B級グルメの屋台も出展。それらの中には、昨年10月に現地法人を立ち上げ、今年バンコクに店舗をオープン予定のメイド喫茶「めいどりーみん タイランド」もあり、タイ人のスタッフが秋葉原ではおなじみの衣装を身につけて、来場者たちを出迎えていた。

こちらは着物の着付け体験コーナー。着付けが終わったタイ人の女性は、記念撮影などを楽しんでいた金沢カレーや焼きそばなどといった日本のB級グルメや、タイにある日本料理店が屋台を出展し、日本料理を販売していた
この春にバンコクにオープン予定の「めいどりーみん タイランド」で働く予定のキャストの2人。かなりレベルが高いので、次回、タイに行く機会があればぜひとも立ち寄りたい
留学相談コーナーには日本の大学や専門学校がブースを出展。就職フェアのコーナーには、タイに進出している企業がブースを出展していた

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ